全館床暖房の家なら、快適な寝起き、快適な就寝、子どもが布団に入らなくても風邪をひかない!

子どもは掛け布団が嫌い?

子どもは、いつも掛け布団をかけてくれません。

かけても、かけても、掛け布団は足元に。

もう必要ないんじゃないか?

そんな風に思えます。

お腹をわざわざ出して寝ていることもあります。

寒そうなので布団をかけても、やっぱり蹴飛ばされます。

掛け布団がダメなら、部屋を温めるしかない

以前のマンションの寝室は、凍るような寒さでした。

ですから、毛布をかぶり、羽毛布団をかぶり、、、寝る時には湯たんぽが必須でした。

それでも子どもは、掛け布団をかぶってくれませんでしたから、当然、風邪をひきます。

お腹が冷えるので、やはりそれなりに腹痛もおこります。

ですから、寝室を温かくすることも、1つの課題でした。

とはいっても、温めれば乾燥しやすいので、加湿器が必要だったりします。

また、温め過ぎても更に布団が必要なくなります。

(暑い時は、冷たい床で寝てます・・・)

一条工務店の高断熱高気密で全館床暖房の家にしてから、

空気は乾燥しない
暑すぎない

という快適な状態が保てています。

高断熱・高気密で全館床暖房の家の寝室

寝る時というのは、まず寝る間際が寒いと辛いですよね。

布団をあたためて・・・・・ということが必要で、湯たんぽが必須でした。

部屋が寒いので、布団も冷たいことが定番でした。

しかし全館床暖房の家では、部屋の温度が20度を下回らないので、布団が冷たいことはありません。

そして、夜中は床暖房のパワーをセーブモードにしています。

なぜなら、12畳の部屋で4人が寝ると、それなりに熱量が出るから温かいのです。

これは、高断熱・高気密だからこそ、保温状態が保たれるわけです。

加湿器もいりませんし、特に暖房も加えていません。

凍えるような寒い体験もありません。(笑)

さすがに朝は寒いことはありますが、パーカーでも着れば大丈夫です。

毎日の就寝と寝起きを快適に

寝るということは毎日のことです。

そして朝の寝起きはとっても大切です。

昔であれば、朝型にタイマーをかけるか、手動でファンヒーターなどを入れることが必要でした。

でも、20度を下回らない部屋では、それも必要ありません。

また、そういったこととは関係なく、寒いと言いながらも寝てしまえば掛け布団を蹴飛ばしてしまい、風邪をひくわけです。

寒いから布団から出たくない、ということも、ほぼありません。

毎日のことですから、やっぱり寝る間際と寝起きは快適にしたい。

そんな生活は、高断熱・高気密で全館床暖房の家の寝室でできたのでした。

気になるキーワード

タイトルとURLをコピーしました