床暖房の温度センサー ~センサーの位置に物が置かれないかを確認しておく

スポンサーリンク

床暖房の温度とは?

床暖房の設定パネルで温度を設定します。

この温度とは、床暖房の装置の中に流れるお湯(または不凍液)の温度です。

ですから、28度と設定しても、床の温度が28度になるわけではありません。

一条工務店の全館床暖房の家では、だいたいマイナス5度くらいが目安と言われています。

この床暖房の温度は、床に設置されたセンサーによって感知されています。

このセンサーはとても大切な働きをします。

そのセンサーはどこにあるのでしょうか。

床暖房の温度センサー

床を見てみると、こんなフタのようなものがあります。

中をあけてみると、、

こんな風に管が見えます。

ここが温度を感知している場所です。

この温度センサーはとても大切な役割をしています。

もし、この温度センサーが誤動作をしたら、床暖房の温度も変わってしまいます。

ですから、実はこの温度センサーの位置は、とても重要なのです。

温度センサーの位置は、図面で表されていない

温度センサーの位置は、図面には載ってきません。

最終的に渡されるどの図面にも載っていません。

センサーの位置は、床暖房の設計によって設計士さんが決めます。

でも、、、、

設計士さんはその位置が適切かどうかはわかりません。

私の場合、2箇所、設計士さんより相談がありました。

温度センサーの位置は、物を置かない場所

温度センサーの上に家具などを置いてしまうと、温度変化が起こりづらくなります。

ですから温度センサーは、家具などを置かない場所でなくてはなりません。

また、温度センサーが直射日光に当たり続けたり、水で濡れるような場所であってもなりません。

でもそれは住んでみないとわからないこともあります。

ですから、どのように住み、家具などの想定や可能性を全て洗い出した上で、床暖房の温度センサーの位置を決定する必要があります。

一番良いのは、

ドアの開閉部分
引き出しなどで隠れるような場所
クローゼットの扉の前

などです。

しかし、ウオークインクローゼットなど、どこに収納家具を置くか定まっていない場所などは、要注意です。

わが家の場合、ほとんどの場所で「いまのところ」大丈夫ですが、やはり気になる箇所はあります。

家具でなくとも、カバンや観葉植物でもゴミ箱でも、置いたら動作に影響を及ぼしますから、少し注意する必要がありますね。

また温度がヘンだな?と思ったら、センサーの場所に物が置いてないか注意をする必要もありそうです。

一条工務店の全館床暖房を採用する場合には、設計時に、かならず床暖房の温度センサーの位置確認を忘れないようにしましょう。

気になるキーワード

タイトルとURLをコピーしました