一条工務店i-smartの、内壁の有効寸法 ~本当の部屋の長さ、便利な一覧表つき

スポンサーリンク

本当の部屋の長さとは?

間取りを作っていると、当然ながら家具を置くことを考えます。

間取りを見て、そこに書かれているマス目を見て、なんとなく長さはわかるものの、本当の部屋の長さというのがわかりません。

長さは柱の中心と中心を結んだ長さなので、壁の厚さが考慮されていません。

その壁(内壁)ぶんを引かないと、実際の長さは出てきません。

ですから壁を考慮して長さを計算しなければなりません。

壁の厚み

1マス910mmで描かれた図面の線は、壁の中心(芯といいます)から中心までの長さのことです。

つまり、芯から芯までの長さが910ですので、壁に挟まれている場合には、両方の壁の芯から壁紙までの厚みを考慮する必要があります。

スポンサーリンク

壁の厚みというのは会社によって異なりますが、木造の場合には130mmが一般的です。

一条工務店i-smartの実際のところの寸法を聞いてみました。

プラスターボード 9~12mm
+
柱・間柱 105mm.
+
プラスターボード 9~12mm.

= 約130mm

これに1~2mmほどの、壁紙を貼ることになります。

つまり、132mmくらいになります。

(※ブラスターボードの厚みはメーカーによって異なり、また、壁紙によって数ミリ異なるので、詳しくはメーカーの担当者にお問い合わせください。)

壁の厚みを考慮した有効寸法

壁にそのまま何かテーブルなどを置く場合と、両側に挟まれている、あるいは片側に壁がある場合で少し寸法が異なります。

両側の場合には、壁厚の半分(1/2)が両側(x2)なので、壁厚分を考慮すれば良いですし、片側の場合には、壁厚の半分(1/2)のみを考慮すれば良いことになります。

これをいちいち計算しているのは面倒なので、表にしてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

マス 畳数 図面寸法
(mm)
有効寸法(mm)
両側壁 片側壁
1 0.5  910  778  846
1.5 0.75  1,365  1,233  1,301
2 1  1,820  1,688  1,756
2.5 1.25  2,275  2,143  2,211
3 1.5  2,730  2,598  2,666
3.5 1.75  3,185  3,053  3,121
4 2  3,640  3,508  3,576
4.5 2.25  4,095  3,963  4,031
5 2.5  4,550  4,418  4,486
5.5 2.75  5,005  4,873  4,941
6 3  5,460  5,328  5,396
6.5 3.25  5,915  5,783  5,851
7 3.5  6,370  6,238  6,306
7.5 3.75  6,825  6,693  6,761
8 4  7,280  7,148  7,216
8.5 4.25  7,735  7,603  7,671
9 4.5  8,190  8,058  8,126
9.5 4.75  8,645  8,513  8,581
10 5  9,100  8,968  9,036
10.5 5.25  9,555  9,423  9,491
11 5.5  10,010  9,878  9,946
11.5 5.75  10,465  10,333  10,401
12 6  10,920  10,788  10,856
12.5 6.25  11,375  11,243  11,311
13 6.5  11,830  11,698  11,766
13.5 6.75  12,285  12,153  12,221
14 7  12,740  12,608  12,676
14.5 7.25  13,195  13,063  13,131
15 7.5  13,650  13,518  13,586
15.5 7.75  14,105  13,973  14,041
16 8  14,560  14,428  14,496

→ 平方メートル・平米(㎡)→畳数/坪数はこちら

→ 畳数→坪数/平方メートル・平米 (広さの単位 変換早見表:1~100畳版)はこちら

→ 平方メートル/平米(㎡)⇔坪数⇔畳数の単位・変換早見表, 平米, 畳の早見表の一覧はこちら

測る!便利ツールを集めました。

寸法を測ったり、壁の中を調べたり、水平や垂直を測るツールを集めました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう