寒くない家に住みたい!

スポンサーリンク

冬の寒さから開放されたい

毎年、冬が近づくと、

この寒さからどうにか逃げられないものか

と思います。

毎年、南の島に住みたい、そう思います。

それは何故か。

外が寒いのがイヤなのですが、家の中が寒いというのもとにかくイヤです。

冬なのに家の中が寒いってどういうこと?

スポンサーリンク

私のマンションは、大手鉄道マンションデベロッパーが販売した分譲マンション。

高気密で、床暖も入って、壁も分厚く、それなりのお値段もしました。

でも、冬は寒く感じるのです。

もちろん、家中をエアコンでガンガンに暖めれば暖かくなりますが、光熱費という形のカウンターパンチがやってきます。

ですから、できるだけ省エネで、半ば諦めて生活をしている、それが現状です。

高級分譲マンションでも寒い理由

マンションを買うときに、夏が暑いとか、冬が寒いとか、そういうことを考慮する考えも持っていませんでした。

それが当たり前ですし、しいて言えば日当たりくらいでしょうか。

陽が当たれば、夏は暑い、冬は暖かい、そんな情報程度です。

ですが、住んでみるとどうでしょう。

寒いのです。

床暖房の問題

床暖房は、入っているところは暖かく、入っていないところは冷たいです。

その温度差から、よけいに床が冷たく感じます。

その冷たい床のためにスリッパを履き、床暖のところで脱ぐ・・・とても微妙な感じですね。

その床暖も、かなり低温にしても熱いです。

これ、設定を高温にしたらどうなるんでしょうか・・・怖くてできません。

ヒートショック的な部屋間の温度差の問題

床暖房のある部屋はそれなりに暖かくなります。

ですが他の部屋はとても寒いです。

特に風呂から出た時の部屋が寒い。

いわゆるヒートショックという言葉があるように、その温度差で気分が悪くなるほどです。

だから、いくつ部屋があろうが、床暖の入っている部屋に逃げ込みます。

冬の間は使われない部屋が増えます。

その部屋で作業しようものなら、、、、足が凍りそうです。

結局、家全体を使うことがなくなるのです。

24時間換気による寒気の吸気

最近のマンションは24時間換気がついています。

そして高気密ですから、吸気口から空気を入れて、主に風呂場から吸い込みます。

そうして風呂場の湿気も取っています。

そのシステムは良いのですが、冬の吸気口からの空気は凍るような寒さです。

外は雪、、、それでも24時間換気は寒気のためにせっせと寒気を吸い込みます。

するとどうでしょう。

部屋に寒い空気がどんどん入ってくるわけです。

部屋を暖めてもどんどん寒くなります。

寒い空気の通り道ができ、吸気口の前に居ることは困難になります。

この吸気口がリビングにあることが多く、そこには床暖がある。

つまり、床暖で床は熱く、その上を寒気が通る・・・つまり、床の接地面で火傷しそうになりつつ寒いという矛盾した現状があります。

24時間換気を止めれば良いのですが、風呂場の湿気を乾燥させるには止めるわけに行かず・・・ジレンマが続きます。

マンションではとても矛盾した状態になっています。

せめて家の中は暖かくしたい

家の中を全体的に暖めたい、それもあまり暑くなく快適な程度に・・・

寒さを無くす程度に暖かくしてくれればいいのだけれど・・・

そんなことを考えていたところ、注文住宅のハウスメーカーではいろいろな設備があることを知りました。

その中でも、一条工務店の全館床暖房というインパクトには最初ドン引きしましたが、ちゃんと聞いてみると、これしかない!という気持ちになりました。

→ 一条工務店の全館床暖房システムとは?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう