クリスマスツリーで考える、コンセント問題 〜コンセントの位置と数は多めに!間取りと暮らしは想定どおりいかない&毎年変わる!?

スポンサーリンク

クリスマスツリーは、子どもの成長と共に場所が変わる

季節のイベントやそれらを象徴する飾りなど、子育て家族には色々なものがあります。

その中でも、「クリスマスツリー」をどこに飾るのかはとても苦労します。

赤ちゃんがハイハイをし、立って歩いて、走り回る。。。。子どもの成長に合わせて移動するその理由はいくつかありますが、

電飾でコンセントを使うこと

を考慮した移動が前提になります。

雛人形や五月人形、ハロウィンなどにはコンセントはあまり必要ないですが、クリスマスツリーには、やはり電飾が重要になりますね。

家づくりで間取りを考えていると、

「ここに置こう」

と決めますが、それも随分と変わります。

我が家は、想定と全く違う位置に移動しています。w

そんな移動も想定しながら、間取りにおいて電気/コンセントを考えるときの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

最初のクリスマスツリーの設置想定場所は、本棚に

我が家が、家を建てる前に間取り上で考えていた位置は、階段を降りた場所です。

クリスマスツリーの想定位置1

ここにコンセントを設置しました。

でもここには、本棚を置いてしまいました。

リビングが真四角で広く取ったために、デッドスペース的な場所がなかったためです。

とりあえずここに腰高サイズの本棚を置き、雛人形や五月人形はこの上に置いています。

ここのコンセントは、リビングBGM/映像用のiPad専用となりました。

クリスマスツリーの移転先は、反対側に

そんなわけで腰高の本棚の上にクリスマスツリーは危ないので、移動となりました。

移動先は、リビングのテレビの反対側となりました。

クリスマスツリーの想定位置2

ここに移転できたのも、コンセントがあるためです。

昨年はこの場所でクリスマスツリーは過ごしました。

籐のカゴの上に置いてあるのは。。。

子どもがクリスマスツリーを引っ張るからです。w

クリスマスツリーの移転先が、モンステラに

クリスマスが終わると、そのコーナーが寂しくなるので、何か置きたくなります。

そこで、モンステラが移動し、ほぼ定位置になりました。

しかもカブトムシを飼い、その幼虫まで育っています。w

今年のクリスマスツリーはどこへ???

リビングのもう一つのデッドスペース

リビングには角と壁毎に、コンセントを配置しました。

こんなにいるのかなぁ。。

コンセントを増やすとオプション料金がかかるので、減らそうとも思っていましたが、そのままでいました。

そして行き場のなくなったクリスマスツリーは、床に置かれ、もう一つのデッドスペースである、玄関ホールとの扉の脇に置かれることになりました。

クリスマスツリーの想定位置3

この場所もコンセントがあったからです。

また意外にも人が通らないことから、邪魔になりません。

クリスマスツリーの想定位置3

もちろん子どもの「おもちゃ化」しているのは仕方ないですが、少しづつ大きくなっていくので、前よりは原形をとどめています。。。

コンセントの位置と数は重要

こんなにコンセントいるのかな?

間取りを考えていると、必ずそう思うかもしれませんが、やはり

あるに越したことはない

というのが現実です。

想定はあくまでも想定で、その時点でのライフスタイル/暮らし方ですから、想像もできません。

意図しない選択もたくさん出てきます。

コンセントがないと延長コードやタップで伸ばすしかありませんが、これはまたこれで、子どもには危ないトラップになります。

せっかくの注文住宅ですから、延長コードは極限まで減らしたいもの。

ぜひ、

コンセントの数と位置は、多めに

にすることをオススメします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう