芝生を剥がして移植。そして、1×4材で花壇(レイズドベッド)をつくる

スポンサーリンク

芝生を剥がして、移植する

花壇(レイズドベッド)を1×4材でつくる(ウッドデッキのセラカンバツの木材)では、畑の隣りに「いちご栽培用」のレイズドベッドを作りました。

今度は、果物ではなく、花用です。

ですが、現在は、芝生

そこで、芝生を剥がして、移植することにしました。

切る場所は、両端に棒を立てて紐を張り、

そこに、芝生にスコップで切れ目を入れて切っていきます。

めくります。

およそ2~3センチほどの絨毯(じゅうたん)です。(笑)

くるくると巻き取って、、、、少し芝が枯れていた場所に移植しました。

スポンサーリンク

建物に沿って、花壇(レイズドベッド)をつくる

今回は四角い枠ではなく、片側だけをつくります。

こんな風に、2段にセラカンバツの1x4材を組んでみました。

杭にしてある木は、腐りにくいように、バナーで焼きを入れています。

土を移植し、入れていきます。

夏にはゴーヤを植えました。

冬には、チューリップを植えました。

日当たりの良い場所だったので、たくさん咲きました。

これで花壇は2つめ。

ブロックなどでやるよりも、本当に手軽にできます。

セメント捏ねて水平を保って・・・という作業は、時間も体力もかかって、私には無理そうです!(笑)

そんなわけで、これからも、木材で花壇(レイズドベッド)を作っていこうと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう