【広告】

モンステラの育て方(基礎編) 〜南国・リゾート風空間/インテリアには欠かせないアイテム

スポンサーリンク

モンステラは、憧れのリゾートスタイルを演出する大切な観葉植物

モンステラ

南国、リゾート、バリ風、ハワイ風、、、、

私も含め、そんな、リゾートスタイルを取り入れた理想の暮らしには、様々なアイテムが必要ですが、そんな中でも観葉植物の存在は重要です。

花といえばハイビスカスですが、観葉植物・葉の印象で最も強いのは、モンステラですね。

この葉をイラストなどにした、壁紙やコースター、ランチョンマットや皿など、色々とあります。

もで、本物の植物のモンステラに叶うものはありませんね。
フェイクを買うよりも、ぜひ育ててみてください。
思ったより簡単ですよ!

スポンサーリンク

モンステラの栽培は簡単。ほぼ水だけ。

モンステラは、あまり陽も必要とせず、肥料もほぼ要りません。
水を定期的にあげるだけで、寒さだけに気をつければ、ほおっておけば育ちます。

むしろあまり大きく育てたくなければ、手間をかけないほうが良いです。
とっても強い植物なので、我が家でもほぼノーメンテです。

観葉植物の水

あげる水も、1週間に1回くらい。

ペットボトルの水か、子どもの水筒の水の残りなど。

そんな程度で、それなりに育ってくれるのです。

室内ならどこでも良い。日が当たらなくても育つ

植物というと、日当たりが気になりますよね。

モンステラは、日が当たらなくても育ちます。

凄いですよね。

わが家は、日の当たらない角においていますが、このとおり元気です。

モンステラの栽培準備は、土と鉢と鉢受け

モンステラの土は、ココピートというヤシの繊維でできたもので十分です。

買ってきたモンステラの土を落とし、少し大きめの鉢にココピートと一緒に植えれば大丈夫です。

鉢は、お洒落なものを選んでくださいね。

もちろん、鉢受け(水や土が下から出て良いようにうけるもの)も鉢に合わせて用意してください。

キャスター付きなんてのもあります。

室内栽培なら、害虫のわきにくい土(ココピート)が最適

ココピートは、水持ちが良く、通気性の良い理想的な土とも言われています。

買ってきたモンステラは普通の土に入っていると思いますが、私はその土をバケツなどで落とし、根だけにしてからココピートで植え替えします。

これで、ほぼ虫の心配がありません。

虫の心配がいらない

腐葉土でもいいですが、やはり葉を腐らせたものなので、虫などがいないとは言えません。

ココピートはヤシの繊維なので、その心配はほとんどありません。

バークチップでオシャレ&保湿

モンステラを植えたら木の破片の「バークチップ」を土の表面に置いておきます。

どうですか?カンタンそうですよね!!!!

ぜひぜひ、ハイビスカス、そしてモンステラを育てて、リゾート風インテリアを楽しんでください!

→ 応用編につづく(モンステラの育て方(応用編) 〜増やしたい&増えすぎる、葉が割れない、支柱を立てる)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう