トイレはやっぱり2箇所がいい ~住んでみて実感したトイレのこと(1)

スポンサーリンク

トイレを1箇所にするか2箇所にするか

間取りを考えていると、トイレを1箇所にするか2箇所にするか、悩みますよね。

トイレの検討記(1) ~わが家が検討/採用したトイレ、間取りや仕様の検討項目とは?から、トイレの検討記を綴っていますが、住んでみて思うことは、

トイレは、やっぱり2箇所がいい

という結論です。

以前のマンションは当然ながら1箇所でした。

今回、注文住宅で2階建てでは悩みましたが、やっぱり2箇所あったほうが良かったというレポートです。

トイレの位置と仕様、家族構成などの前提条件

わが家はi-smartの二階建て。

トイレは1階の玄関付近

2階の階段付近
にあります。

1階トイレ:玄関付近
1階のトイレ

2階トイレ:階段上がってすぐ(各部屋からのアクセスが良い場所)
2階のトイレ

1階のトイレの間取り
玄関付近
2階のトイレの間取り
2階の中央
1階のトイレの間取り 2階のトイレの間取

その他のスペック、わが家の家族構成はトイレの検討記(1) ~わが家が検討/採用したトイレ、間取りや仕様の検討項目とは?をご覧ください。

どんな点で2箇所が良かったのか?

これは想定内のこともあれば、想定外のこともありました。

やっぱり、同時利用2人のタイミングがある

これは理由が一番大きいですね。

2人利用するタイミングなんてそんな偶然は起こるのか?ということがありますが、これは、起こります。

家族だけで過ごしている時は、2日に1回は朝にあります。

特に幼児を抱えているわが家にとっては、幼児がトイレで滞在する時間はとても長いです。

しかも2人でいることも多いですね。

ゲストを想定したトイレ

その上で、ゲストが泊まりにくると、確実に同時利用が起こります。

1家族4人くらいが遊びにきても、やっぱり起こります。

特に、臭いが出た時などは後から入りにくい(入ってもらいにくい)ということもありますよね。

消臭もできますが、やっぱり別であったほうが気が楽です。

夜中に1階に降りなくていい

夜中のトイレで1階に降りなくて良いのはとても気が楽です。

それは1人でも思うのですが、子どもが小さい場合に、子どものトイレで親がついていくというのはやっぱりしんどいです。

2階であれば近いので、寝室から開けっ放しでもいけます。

でも1階はやっぱり暗いこともあり、子ども1人では行きにくいですね。

私自身が子どもの時に1人で一階のトイレに行くのが怖かったという経験もありますが、やっぱり子どもは暗闇が怖いですよね。

やっぽり1畳分は欲しい

どちらかを0.75畳タイプにしようとも考えました。

しかし1畳あって良かったと思います。

先にも書きましたが、幼児をトイレで練習させている時などは、2人で入ることも多いです。

0.75畳ではやっぱり狭かっただろうなと思います。

トイレは2箇所にできるならしておくことをオススメ

できれば2箇所にしておくのがいいです。

とはいっても、2箇所にすることで、

  • トイレは1畳分はあるので、坪単価の1/2がかかる
  • トイレの種類を変えたくなるのでオプションがかかる
  • 2階のトイレは給排水で1階の天井が下がったり外配管などをしなくてはならない可能性がある

などなど検討事項は多いですが、それでも・・・2箇所にしておいて良かったなと、実感しています。

皆さんの間取りにご参考になれば。

※参考

トイレの検討記(1) ~わが家が検討/採用したトイレ、間取りや仕様の検討項目とは?

気になるキーワード

タイトルとURLをコピーしました