立水栓の設置(2) ~混合栓を設置し、冬場でも外でお湯を使う。ガーデニング&畑&掃除に

スポンサーリンク

洗面所と炊事場は、お湯が必須

冬場になると水が冷たくなりますね。

ですから、どうしても給湯を多用して、お湯を使った家事が多くなります。

特に、洗面所と炊事場は、お湯が必須ですよね。

手で水を触る場所では、40度近いお湯は必要なくとも、水と混合をして温いものでも良いので、冷たいのは避けたいところです。

ちなみに、わが家の給湯システムは、ガス。

貯めたお湯を使うエコキュートを採用しなかったわが家は、すぐにお湯が出てくるので、とっても便利です。

風呂の水圧も、バッチリです。

さて、そのお湯ですが、できれば外で使いたいと思いませんか?

たとえば、

洗車
降雪時の除雪
畑仕事の掃除や野菜洗い
年末年始の大掃除
などなど・・・

洗面所からバケツで運ぶのはちょっと厳しいですよね。

普通に立水栓を設置しても、水しか出ません・・・

ということで

わが家は、外の立水栓を混合栓にしてお湯が出せるようにしました。

どうやって実現したか、レポートします。

スポンサーリンク

立水栓を混合栓にする

お湯を出すというのは、混合栓というものになります。

水とお湯を混合させられるもの、ということです。

立水栓に混合栓

こんな感じで、お湯と水の蛇口が1つになって出てくる仕様です。

そのお湯はどこから来るの?

それは、給湯機から引き込むことになります。

給湯機から引き込む

img_4656-edit

ガス給湯機からピンクの管が出ていますが、これが温水の配管です。

これが給湯機から一旦地中にもぐり、そして、立水栓の場所まで敷かれます。

img_4349-edit

こうして出てきた配管に、混合栓を接続するのです。

この仕様は家を建てる時に決定しておくべき

立水栓の設置については家を建てる時に必要ですが、当然ながらこの混合栓にするのも同じです。

配管を水とお湯で2本引き込まなければならない上に、給湯機からの引き込みという状況ですから、後から実施するにはちょっと大変です。

これはつまり、、、、

家を設計する時点で行っておく必要のある、重要な決定です。

後からできないこともありませんが、かなり大変だそうです。

立水栓を混合栓にするためのタイミングと費用

一条工務店の場合、立水栓の追加は2万円ほどになりますが、このオプションは更に5万円ほどかかりました。

立水栓の追加というのは、立水栓代と追加工事代がメインになります。

私は、最後の最後の段階(正式には発注後)で立水栓を混合栓にすることを思いついてしまったため、追加で仕様変更代もかかりました。

とはいっても、家を建てる時に水道管を掘ったりするのと同じ流れで行うので、後から追加するよりはかなり安くなっています。

また、一条工務店から提案をいただいた混合栓が気に入らなかったので、配管だけをお願いしました。

ですから、この料金には混合栓そのものの設備(蛇口など)費は含まれていません。

こちらは外構作業の流れで蛇口を選択したいと思いました。

 

→ つづく わが家が設置した立水栓の混合栓の種類とは?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう