開き窓が閉まらない ~レバーが閉まらない、鍵がかからない。ただいま5回目訪問待ちの窓のトラブル

窓の閉まらない・・・

i-smartの家の引き渡しからちょうど6ヶ月。

そろそろ暮らしにも馴染んできて、そして、設備にもいろいろな変化が訪れています。

i-smartは木造の家なので、木の収縮があるということは建てる前から聞いていました。

その木の収縮は、いろいろな部分に影響をしてくるということでしたが、遂に、それを感じる時がやってきたようです。

引き戸の鍵

窓のレバーが閉まらない
窓の鍵がかからない

という、現象です。

これが本当に木の収縮なのか疑問ですが、どこがどのように問題なのか、レポートします。引き戸の鍵

開き窓のいろいろな不具合

i-smartの窓枠は樹脂でできています。

そして開き窓の取っ手はレバーで、鍵はツマミになっています。

このレバーと鍵のツマミ、どちらも不調が複数の窓ででてきています。

開き窓のレバーが閉まらない

i-smart引き戸のレバー

開き窓のレバーが固くて閉まらないという状況が起きています。

もちろん引き渡しの時には何のストレスもなく操作できていましたが、日々少しづつ円滑に動かなくなってきました。

最終的には、チカラ任せに閉めるしかない状態です。

レバーを閉める瞬間、金属が擦れる音がして、とても嫌です。

全く閉まらないわけではありませんが、かなりチカラを入れなければなりません。

鍵のツマミが閉まらない

i-smart引き戸の鍵

鍵のツマミを回してもひっかかって閉じないという現象が起きています。

これも、少しひっかかって鍵がかかりにくい状態が続き、最終的には鍵が全くかからなくなりました。

もちろん(固い)レバーで閉じた上での鍵であり、外からはレバーなどがないので開けられないですから、セキュリティ上は閉めなくても問題のない鍵ですが、どうしても鍵ですから閉めますよね。

でも、いくつかの開き窓で閉められなくなっています。

ついでに、全開と半開のスイッチが効かない

窓のトラブルついでに、開き窓の全開と半開を切り替えるスライドスイッチがあるのですが、こちらも効かないことが多くあります。

開き戸の全開状態

開き戸の固定装置

主に半開にするために鉄のフックで窓が止まるようになっているのですが、このフックが窓に引っ掛からないということがよくおきます。

もちろん手でかければ良いのですが、まあ、ちゃんとかかって欲しいですよね。

アフターサービスで窓を丸ごと交換した・・・・が・・・

これらについて、一条工務店のアフターサービスに相談して、調整をしにきたのですが、どうもうまく調整ができませんでした。

そこで窓を2箇所交換することになりました。

実はわが家は窓が鬼門なのか・・・引き渡しからいろいろありました。

引き渡しの際に窓にキズが入っていたので、そもそも交換をすることになっていました。

そして交換にきて窓を外し、はめたところはまらず、そのまま持ってかえる事態が起きました。

そして2回目の訪問時に交換となり、一度はめたのですが、今度はレバーが不調でした。

3回目の訪問で調整しにきたのですが、結局修正が難しく、また窓を交換することになりました。

4回目の訪問の際に交換をしたのですが、、、、これまた窓がはまらず、、

はい、現在ココ(5回目待ち)なのですが、窓を待っている状態です。(笑)

3回目の訪問で、別の窓を調整してもらったのですがうまくいまず、そちらも4回目の訪問で交換となったのですが、うまく調整ができずこちらも持ち帰りとなっています。

おーい、どうなってますか~!?(笑)

そうこうしている間に、いくつかの窓がまた鍵がかからなくなってきています。

本当に木の歪みのせい?

住んで、まだ6ヶ月です。(笑)

住む前から木の収縮で起こることの1つとして、立て付けに影響があるということは聞いていました。

窓を交換していただく方に原因を聞いても、窓が反っているという話で、窓が原因だということを話されていました。

そんなに窓に個体差や品質差があるのでしょうか?

「家が歪んでいるんじゃないですか?」

なーんて突っ込んでみているものの、窓が原因ですという一点張りです。

木の収縮というより、樹脂サッシの問題なのかもしれませんね。

アルミよりもいろいろな理由で変形する可能性が高いのかもしれません。

この家の他の窓は、年月が経っても大丈夫なのかしら。。。

若干不安になりつつ、5回目訪問の窓交換を待っているところです。

気になるキーワード

タイトルとURLをコピーしました