雑草対策(雑草の種類,予防,道具) ~ マルチから天然除草剤まで

雑草対策

雑草対策、どうしていますか?

雑草にもひとつひとつに名前があり、せいいっぱい成長しているのですが、それでも、雑草はやっぱり不要なのです。

雑草の要望と対策、それにかかるツールやアイテムなどご紹介します。

スポンサーリンク

雑草の予防

雑草の予防は、「種から芽を出さないようにする」ということが基本です。

芽が出て成長する条件は、水と太陽と土(養分)です。

これを断てば、雑草の数は激減します。

太陽光を遮る「マルチ」

太陽の光によって発芽をするタイプの雑草であれば、光を遮ることで発芽を防ぐことができます。

主に、マルチと呼ばれる地表を覆うものを用いて、地面を覆い日陰にしていくのです。

バークチップはその一つです

バークチップ/ウッドチップで、庭をおしゃれに バークチップは、花壇や鉢の上に敷かれているもので、一度は見たことがあるかと思います。...

雑草以外の植物を植えて、雑草を防ぐ「グラウンドカバー」

雑草が嫌われるのは、「意図しない草花が咲くことが不快」であるので、他に何かを植えて雑草の量を減らすという方法があります。

いわゆるグラウンドカバーと呼ばれる植物を植える方法です。

たとえば、芝生を敷きます。芝生で地表を覆うことと、芝生が水や養分を吸収して雑草に行き渡りにくくする方法です。

庭といえば、憧れの芝生 庭といえば、芝生は憧れですよね。 全面にはるのは勇気がいったのでやめました。(いろいろな意味で正...

雑草を見極めて、雑草が嫌いな環境をつくる「土壌改良」

雑草も一般的な植物の一つですから、条件が合わなければ生えません。

スギナやドクダミなどは、土が酸性だったり、日陰だったりすることで生えます。

ですから、雑草を理解して対策をすることができます。

たとえば、酸性度の強い土であれば、苦土石灰を撒くことでスギナなどは大幅に減らすことができます。

雑草を、取り除く

雑草が生えたら、取り除くしかありません。その方法は様々です。

雑草を「抜く」道具

雑草が少ない量であれば、雑草を根から抜いていくことが対策になります。

雑草を抜くための道具はいろいろありますが、フォーク状のものが多いですね。

雑草を「刈る」道具

抜いてられない量になると、雑草を刈るしかありません。

雑草を刈るには、鎌などもあれば草刈り機まで様々です。

草刈り鎌

草刈り機

個人的には、こんな製品に興味ありです・・・楽しそう

雑草を「枯らす」農薬/除草剤

最終手段は、雑草を「枯らす」ことになります。

ただこれは農薬/除草剤を使わざるをえませんので、家庭菜園などをしている家庭では控えたいですね。

でもやっぱり、芝生などに生えているのは美観を損ねますし、抜くのも大変なので枯らすしかないですね。

農薬/除草剤ではラウンドアップが有名ですが、発がん性やぜんそくの原因として疑われており、ラウンドアップは世界の多くで禁止が進んでいますが、日本は放置状態です。ホームセンターでも並べられています。

それでもできれば天然のものがいいですよね。

雑草の種類と対策

順次アップデートしていきます

「スギナ」は、「つくし」だった 雑草の王様「スギナ」。 別名で「地獄草」と呼ばれるほど、駆除の難しい雑草です。 ...

雑草に関わる情報全般

雑草に関する記事を集めましたので、ぜひご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう