ディコンドラ(ダイコンドラ)の芝生侵食

スポンサーリンク

元気のない芝生が覆われる

今年は芝生の元気がない。

あまりに酷暑で育ちが悪く、芝刈りも一回しかやっていない。

その芝生が、ディコンドラ(ダイコンドラ)に覆われ始めてしまった。

ディコンドラも酷暑で元気がなかったが、この最近の雨ですっかり復活したのだった。

その姿がこちら。

手前の丸太部分までがディコンドラだった…はず。

枕木もすっかり覆われてしまった。

スポンサーリンク

ディコンドラは侵食が恐ろしい

ディコンドラは深い根を張らないものの、地表をスイスイと張っていく。

芝生も広がりは強いのだが、根止めをすれば大丈夫。

しかしディコンドラは、根止めさえも超えていく。

アスファルトの上でさえも超えていくのだから、数ミリの根止めなんて楽勝だ。

ディコンドラには、芝生のようなスポンジ状の土は最適だ。

絡みつくように伸びている…

うーん、芝生は枯れてしまうのだろうか…

もうディコンドラを止める手立てはない。

きっと来年の春には、この場所は芝生でなくディコンドラのグランドカバーに変わっているのだろう。

複雑だがもうどうすることもできない。

ディコンドラには気をつけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう