【広告】

スマホ対応のテレビドアフォン/インターフォン ~もう子機はいらない

スポンサーリンク

インターフォン/ドアフォンの子機は、使えないので要らない

新しく家を建てたときに、ドアフォンを選ぶことになりますが、このドアフォンについては少々こだわりがありました。

それは、

インターフォン/ドアフォンの子機はいらない

ということです。

かといって、親機だけでは困るので、結論からいえば、

スマホ対応したインターフォン/ドアフォンが欲しい

ということです。

電話もそうですが、子機って、とっても困ります。

通常、子機は1階のリビングにあると思います。

それも充電器にセットされた状態で。

あるいは、ダイニングか。

その子機を2階に持って行くということも、ないわけではありません。

しかし、

一度2階に持っていくと、1階に戻し忘れます。

普通は、2階に上がるときに、1階に置き忘れます。

そして、

ピンポーン

となると、2階から急いで降りるので、子機ではなく親機で対応することになるのです。

つまり、

子機は不要

なのです。

じゃあ、子機を2台買えばいいんじゃない?

いやいや・・・もう子機という存在が、時代遅れなのです。

スマホで十分。

今は、スマホでインターフォン/ドアフォンを受けられる時代なのです。

スポンサーリンク

スマホ対応のテレビドアフォン/インターフォン

ということで、当初から、スマホに対応しているドアフォン/インターフォンはあるはずだ!と決め打ちをしていました。

で、ありました。

やっぱり、パナソニック。さすがです。

VL-SVD701KS

最新機種は以下です。

一条工務店i-smartの標準でもドアフォンはありましたが、この機種にアップグレードしました。

親機の外観

インターフォン/ドアフォン

通話と終了以外、普段は使いませんので、物理ボタンになっているのは素晴らしいです。

インターフォン/ドアフォン

画面はシンプルです。

設定箇所はいろいろありますが、常に録画されますので、カレンダーで一覧を見ることができます。

スマホの接続

インターフォン/ドアフォン

スマホの接続設定をします。

スマホでアプリをダウンロードして、起動しておくと、リンクします。

スマホ対応ドアフォンのアプリ

これで、リンクが完了です。

カンタンです。

4台まで接続可能です。

映像

映像は、すこぶる良いです。

昼間の映像はもちろん、とても広い範囲が映されます。

魚眼レンズが入っているので、かなり広範囲が見えます。

なので、、、

画面に近づいてこられると、とても怖い映像になります。笑

そして、夜もかなり明るいです。

インターフォン/ドアフォン

もちろんドアフォンの玄関子機からLEDライトが照らされるということもありますが、夜でもしっかり顔が見れます。

そしてもちろん、スマホも同じです。

インターフォン/ドアフォン

スマホでも十分明るいです。

玄関子機

屋外につける玄関子機(ピンポンと押す方、カメラが設置されているほう)には2種類あります。

アルミヘアライン仕上げというスッキリとしたデザインです。

まだどこに設置するかは決めてませんでしたが、やはりずっと使うものですから、スッキリとしたデザインで、何にでも合うものが良いということで、上位機種にしました。

インターフォン/ドアフォン

型番の最後が、

KS / KSC

となっているものです。

ぜったい、こちらの型番をオススメします。

スマホ対応のテレビドアフォン/インターフォンの使い心地、レビュー

もう、最高ですね。

子機なんてあったら、ホント、ストレスが溜まります・・・

探すのも、充電とかもいろいろと面倒です。

もうリモコンを増やしたくない。

それが本音です。

どこに行くにも、大抵はスマホを持っています。

2階も、
台所も、
トイレも、
外も、、、

家のWi-Fiさえ届く場所であれば、どこでも出られるわけです。

たとえば、、、、

家の2階に居て来客があれば、

その場でスマホのアプリからテレビ電話のように応答できます。

画面を見て、出ないこともできます。

しかも、

子機のような小さい画面ではなく、

スマホの大画面で見られます。

なぜ、今さら子機が必要なのか・・・使ってみると、本当に不要なのが実感できます。

ぜひ、新しくドアフォン/インターフォンを導入される方は、スマホ対応をオススメします。

もしどうしても使いたい場合には、古いスマホを子機にすれば良いのです。

子機は・・・もういりません!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう