チューリップの育て方 〜秋から冬に球根を植えて春に花が咲く

スポンサーリンク

チューリップの準備は10-12月

今年もチューリップを植える季節がやってきました。

チューリップは10-12月に球根を植えて、翌年の3-4月に咲きます。

おおよそ3ヶ月は地中で育ち、暖かくなると芽を出し始めます。

ダリアは芽を出してから植えるようですが、チューリップは先に植えて根を張るようにしておきます。

チューリップの球根

ホームセンターなどで球根が売っています。

チューリップの球根

およそ20球ほど入っています。

昨年は色々な色のチューリップでしたが、今年はピンク一色になりました。
(娘の要望)

チューリップの球根

球根一つ一つが大きいですよね。

昨年、掘り起こした我が家のチューリップの球根はこちら。

チューリップの球根

ニンニクの袋に入っていますが。。。笑

小さいです。

今年は両方とも植えてみようと思います。

スポンサーリンク

チューリップの球根を植える環境

チューリップの球根は、

隣との間隔を15-20cmくらい
深さを15-20cmくらい

で植えます。

プランターでも地植えでも、ほぼ同じです。

どんな土壌でも案外育ちますが、できれば、2週間以上前に肥料を加えて土づくりをしておくと良いでしょう。

心配であれば、チューリップの土というのを買うと失敗は少ないかもしれません。

チューリップの球根を植える

チューリップは日当たりの良い場所を好みます。

我が家は昨年、日当たりの悪い場所に植えたせいか、少し小さい花になりました。

球根が小さかったのもそのせいかもしれませんね。

今年は、日当たりの良さそうな場所に花壇を作り、そこに植えることにしました。

チューリップの球根を植える

まず穴を15cmほど掘ります。

チューリップの球根を植える

球根の尖っている方向を上にして置きます。

チューリップの球根を植える

間を15-20cmほど開けて植え、土を被せます。

最後に、、、

植えた場所を忘れないように。。。札も刺しておくことをオススメします。

これで完成です。

チューリップを植える

子どもたちと植えれば、春がとっても楽しみですよね。

チューリップの水やりの頻度は?

チューリップの水やりは最初の2-3日はしっかりとあげて、あとは雨が降ればそれで構いません。

肥料も最初に入れておけば春まではいりません。

冬の間は放っておけば花が咲きます。

チューリップはお手軽に咲いてくれるので、ぜひオススメです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう