我が家で採用したキッチンの食洗機

スポンサーリンク

食洗機は、必須アイテム

食洗機が必要!そんなの使わない!

使う人とそうでない人は、両極端に分かれるようです。

4人家族で子どもも小さいわが家では、必須です。

とにかく必要なものは前洗いをして突っ込む
入らないものは手で洗う
どんなに少なくても、時間を取る!

やっぱり入れてしまえば時間が確保できるというのは、子育て家庭においてはとても嬉しいことだと思います。

その昔は、食洗機が贅沢だということがありました。

でも、奥様の手荒れなどもなくなり、ニコニコ笑顔になるものいいと思いますよ。

スポンサーリンク

食洗機のタイプ

マンションで使っていた食洗機は、いわゆる標準タイプのものですが、除菌機能もありました。

大きくは、この除菌機能の有無と、標準量か多く入る深型と呼ばれるものに分かれます。

わが家はとてもよく使うので、

除菌機能のついた、深型のもの

を選びました。

パナソニック製というところも一緒だったので、やはり、パナソニックのショールームに行って実物も拝見しました。

私が選んだ食洗機

パナソニック(社)製 NP-45MD6W/6S

NP-45MD6W6S

62リットル(深型)の高性能食洗器です。

  • プラネットアーム洗浄/li>
  • バイオパワー除菌
  • ムービングラック
  • エコナビ
  • ソフト排気温

選択したポイントは以下です。

  • 絶対深型。できるだけ多く入れたい。/li>
  • 除菌機能は、肉類などを使った後や、梅雨の季節などで使っている。どの程度効果があるのかはわからないが。
  • 今の食洗器は入れにくいので、ムービングラックは良いと思う。
  • 値段相応な機能

です。

標準品は、深型ではないということだけです。

標準が42リットルなので、深型の60リットルと比べると、約1.5倍入るということです!

アップグレードのお値段は?

標準からのアップグレードの差額は、約5万円でした。

5万円の価値があるか?といえば、絶対にある!と思います。

耐久が15年くらいだとしても、1年3千円ちょっと。

1ヶ月300円くらい、1日約10円、1食数円です。

少し多めに入るということで、手洗いの数が少なくなれば、、、、

洗い物をされる主に奥様方の、手荒れにかける対策よりも、ぜひこのアップグレードでちょっと楽になってもらえればと思います。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう