ナノイー発生器のフィルターを設置 ~天井埋め込み型ナノイー(FY-10S/FY-16S)にパッキンとフィルターを設置

スポンサーリンク

ナノイーの汚れをなんとかしたい

ナノイーは、臭いや花粉への効果があるということから、玄関、台所、寝室につけています。

花粉症の方には必須ですよね。

でも結構汚れるんです。

空気を吸い込んで、ナノイーを発生させて排出するので、どうしてもホコリを吸い込むのです。

これが何とかならないのか・・・と思っていたら、

ナノイー専用フィルターがあった

のです。

えーっと、早く教えてほしかった・・・

スポンサーリンク

ナノイー専用フィルター

ナノイーは、FY-10Sという製品になりますが、その専用フィルターが存在します。

早速買って取り付けです。

説明書がありますが、フィルターとパッキンとに分かれます。

フィルターはこんな感じです。

ナノイー専用フィルターを取り付ける

まず・・・スイッチを切ります。

ナノイーの掃除の時にスイッチの存在理由がわかったのですが、スイッチをつけたままでは取り付けもできません。

そして蓋を開け、まず、パッキンを指定の場所に取り付けます。

そして、フィルターを青色ダイオードの位置に穴を合わせ、蓋をします。

はい、それで完成です。

ちょうど、パナソニックの人が来ていたので、聞いたのですが、これでフィルターを掃除する以外の掃除はほとんど要らないそうです。

パッキンもさほど汚れないらしい。

なんだ・・・最初からつけてほしかったわ。。。

そんなわけで、天井への埋め込み型ナノイーを設置された方は、最初からフィルターを設置することをオススメします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう