IHクッキングヒーターの上は、ホットプレートも使える!たこ焼きもできて便利。

IHクッキングヒーターで、ホットプレートが使える

ホットプレートを使ってたこ焼きやお好み焼きなどをすることがありますよね。

でも、テーブルが狭かったり人が来たりして、どこか別の場所で作らなければならないこともありますよね。

いくらキッチンが広くても、ホットプレートを置けるスペースは、ないはずです。

・・・でも、IHクッキングヒーターの家であれば、そこでホットプレートが使えるのです。

そんなわけで、わが家では、IHクッキングヒーターを使わず、その場所にホットプレートを置いてたこ焼きを作っています。

これが、ガスで五徳のある状態であれば、叶わないでしょう。

昔、ガスコンロの家だった頃は、

ここでホットプレートが使えたらいいのになぁ

と思っていました。

そこは、調理をするのに最適環境が整っているからです。

IHクッキングヒーターの場所でホットプレートを使う、3つの利点

IHクッキングヒーターの場所は、調理をする場所です

特に火を使う・・・といってもIHですから火ではないですしホットプレートも火ではないですが、焼いたり揚げたり煮たりする調理場です。

ですから、ホットプレートもその場所で使えるのは都合が良いわけです。

IHクッキングヒーターの上でたこ焼き

IHクッキングヒーターにとっては、屈辱的かもしれません。

でもとっても好都合なのです。

1.ガラストップは耐熱である

IHクッキングヒーターのガラストップは、当然ながら耐熱です。

ですから、鋳物で熱くなったとしても大丈夫です。

IHクッキングヒーターの上でたこ焼き

2.換気扇がある

煙は出ないにしても、やはり臭いは出ます。

油をあまり使っていないとしても、やはり油の乗った湯気が出ます。

だから、換気扇の下であるというのは都合が良いのです。

IHクッキングヒーターの上でたこ焼き

ホットプレートの焼き肉用のプレートを使って焼いてもいいですね。

3.後片付けが楽

調理場ですから、油などが飛ぶことは前提です。

ですから、周囲に飛んだとしても、全く普通のことです。

たこ焼きでも油が跳ねることもあるでしょう。

でもそれも、天ぷらに比べたら大したことではありません。

ガラストップも吹くだけです。

そもそもここは調理場。

ホットプレートはテーブルの上が標準で、汚れるのが気になるかもしれませんが、調理場は汚れることが全体の場所です。

そして調理後はそのまま放置し、冷めるのを待って、横のシンクで洗えば良いのですから。

ガスレンジじゃできない最大のIHクッキングヒーターの利点は、フラットであること

洗い物を置いておいたり、少し熱いものを置いておいたり・・・

IHの上は、万能な場所です。

鍋敷きも必要ないですから、コーヒーポッドの受け皿をそのまま置いても大丈夫ですし、熱い鍋などを無造作に置いても大丈夫です。

これが、ガスレンジではそうもいきません。

これだけの面積を自由に使えることは、キッチンが広くなったも同然です。

やはりIHクッキングヒーターにして良かった!

そんなことを思う、たこ焼きパーティーでした。

 

こんな記事もどうぞ!

IHクッキングヒーター(コンロ/レンジ)のキッチンを選択 ~ガスを併用したのにコンロをガスにしなかった理由
IHクッキングヒーター(コンロ/レンジ)のデメリットは、鍋が振れない、電磁波が心配、停電で使えない、電気代が高い、温まらない、グリルが良くない、使えない鍋がある、おいしくない…本当でしょうか?ガスレンジも、掃除が大変、倒れやすい、とろ火が苦手などデメリットがあります。どちらにもメリットもデメリットがあります。
我が家で採用したキッチンのIHクッキングヒーター(IHコンロ/レンジ)
我が家で採用したキッチンのIHクッキングヒーター(IHコンロ/レンジ)は、らクッキンググリルのついた3口IH。IHクッキングヒーター(IHコンロ/レンジ)も使える鍋の種類やグリルの形状などによって4種類ほどあります。最近では高出力のガスに負けないIHが登場してきていますので、ぜひ参考にしてください。

 

気になるキーワード

タイトルとURLをコピーしました