家庭菜園でイチゴを栽培(1) ~失敗しないイチゴ種類、イチゴを植える時期

スポンサーリンク

家でイチゴを育てよう!

家の前の庭で、

家族・子どもたちと一緒にイチゴを植えて、

春を楽しみに待って、

温かくなったらイチゴをみんなで食べる・・・

こんな暮らし、ステキですよね~!

今年こそ、挑戦してみませんか?

プランターでも、畑でも、1~2株くらいからはじめてみましょう!

スポンサーリンク

イチゴの苗を植える時期

11月、ちょうどイチゴを植える季節です。

地域にもよりますが、北海道や沖縄、山間部を除く地域は、10月下旬から12月中旬頃までが、苗植えの季節です。

寒い地域は10月頃に、温かい地域は12月頃など、時期がずれます。

いま、ホームセンターにいくと、様々なイチゴが売られています。

いっぱいイチゴが売られているので、苗を選ぶのも良い時期です。

だいたい、4月~6月にかけて、食べることができますので、おおよそ半年がかりの栽培になります。

イチゴの種類を選ぶ

イチゴといえば、あまおう、女峰・・・有名な名前のブランド・イチゴが浮かびますよね。

でも、そういったイチゴは、初心者ではうまく育てられないことも多くあります。

また、露地栽培といって、ビニールハウス栽培などではない、季節と共に熟していく栽培方法では、育てやすいイチゴの種類は異なるのです。

ホームセンターでは、もっと比較的育てやすい種類のイチゴが売られています。

宝交早生(ほうこうわせ)

甘みはそこそこで、酸味の弱い、比較的小ぶりなイチゴです。

章姫(あきひめ)

甘みはそこそこで、酸味の弱い、少し細長めで小ぶりなイチゴです。

らくなりイチゴ

密香(みつか)

ポイント!

あえてブランド名にこだわらず、

つくりやすいイチゴ

というのを選んで買いましょう。

自分で作ったイチゴは、どれでも美味しいです!!!!

最初はなんでも、成功しないといけませんからね!

つづく
家庭菜園でイチゴを栽培(2) ~イチゴのクラウンが重要。選び方、植え方。ストロベリーポッド/イチゴポッドも。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう