家庭菜園でイチゴを栽培(3) ~イチゴを植える→肥料と栽培方法

家庭菜園でイチゴを栽培(2) ~イチゴのクラウンが重要。選び方、植え方。ストロベリーポッド/イチゴポッドも。より、次はイチゴを植える、肥料のことです。

スポンサーリンク

イチゴの苗を植える

まず土をつくって、苗床をつくります。

イチゴの土作り

赤玉、腐葉土、有機石灰を混ぜ合わせます。

苗を植える

苗を植える穴を掘り、肥料を置きます。

そして、

クラウンをちゃんと表面に出して、植えます。

スポンサーリンク

イチゴの肥料

イチゴの肥料は、実を育てる肥料です。

もっともオススメなのは、ようりんです。

ようりんは、有機肥料ですので、安心。

もし心配なら土ごと、肥料の入ったものを使うと良いかと思います。

イチゴの水やり、枯れ葉取り、花と実も取る

植えてから当面は、水やりをして、その後は乾いたらあげるということをしましょう。

また、葉が枯れるので、枯れた葉はどんどん取っていきましょう。

温かい日がつづくと、花が咲いたり実をつけたりしますが、春になるまでは、積極的に取っていきましょう。

イチゴの葉

温かくなる前に、藁や黒マルチで地面を覆いますが、それまでは、このままほおっておきます。

イチゴの栽培期間は半年くらいあるので、とっても気長ですが、楽しんでいきましょう。

次は12月頃。

また、作業するタイミングが来たら、続きをアップします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう