春が来る前にウッドデッキを使える状態にする ~洗浄とやすりがけと拭き取り|ウッドデッキのメンテナンスと塗装(前半)

スポンサーリンク

冬の間に乾燥し尽くしたウッドデッキ

わが家のウッドデッキは、12畳分のウッドデッキを設置し、セラカンバツ材にしたので、それなりのウッドデッキのササクレ・トゲを防止する必要があります。

冬の間はウッドデッキを使うこともないので、基本はほったらかしなので良いですが、春になってきて、

そろそろウッドデッキに出ようかな

と思い、出てみると、、、

なかなかのササクレ状態。

ということで春に向けてウッドデッキを使うべく、年に一度のメンテナンスをすることにしました。

スポンサーリンク

まずデッキを洗浄

まずはデッキの汚れを落とします。

デッキは、見た目よりもかなり汚れています。

とはいっても、我が家の前はそれほど車の通る道路でもありませんが、畑があります。

なので砂埃系がそれなりに蓄積し、雨と共に汚れをなって染みこんでいます。

ですから、デッキブラシで擦っても良いかと思います。

ただ、表面上はヤスリもかけるので、私の場合にはほどほどにしています。

そして、サンダーでやすりがけ

ウッドデッキのササクレ・トゲを防止するため、表面のヤスリがけをしますが、わが家の場合はサンダーという電気ヤスリを使用しています。

こちらで12畳分のヤスリをかけます・・・・

これがなかなか大変・・・・

全体を終えるのに2時間ほどかかり午前が終わりました。

最後に、濡れタオルで粉を拭き取る

その後、塗れタオルで拭きます。

これは、ヤスリをかけたあとに木の粉がたくさん出ているので、これを取るためです。

こんな風に、白くなるほど粉が出ていますので、これは取っておいたほうが良いですね。

ということで、水拭きをします。

これで、塗装をする準備ができました。

塗装については後半に続きます。

→ 【必見!ウッドデッキ塗装】浸透性水性塗料なのに驚異の撥水効果!〜デッキの塗装準備と塗装|ウッドデッキのメンテナンスと塗装(後半)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう