玄関アプローチ脇のハーブガーデン(コモンタイムとクリーピングタイム)

ハーブでアプローチの縁を包む

庭や玄関アプローチを作ると、ハーブガーデンに興味が出てきます。

ハーブは香りも良いですし、環境に強く手入れが楽です。

そして雑草対策にもなる優れものです。

我が家もほとんど何もなかった場所に一年で素敵なアプローチができました。

思った以上にうまくできました。

グランドカバーに最適なクリーピングタイムとコモンタイム

実はタイムも、シソ科。

ですから、酸性土壌が苦手で、日当たりが好きです。

梅雨と秋の長雨で蒸れると腐ってしまうので、バッサリと狩り込んでおくと、季節を越せます。

地面を覆う、地を這うクリーピングタイム

クリーピングタイムは、グランドカバー向きです。

どんどん広がっていきますので、もし思いもよらない方向で移動したら、根から取りましょう。

立ち上がり立体感が出る、コモンタイム

一般的に売っているタイムは、コモンタイムが多いです。

垂直に立ち上がるように伸びます。

クリーピングタイムは地面を這うので汚れやすいですが、こちらは垂直に伸びるので収穫をしてハーブティーなどで使うのに向いていますね。

春には小さな花が咲きますのでとっても可愛いですよ。

ぜひオススメです。