ダリアの花を来年も大きく咲かせるために、秋に必ずやっておくべき3つのこと ~根を掘り返す、解す、乾燥し保存させておく

スポンサーリンク

ダリアの花を、来年も咲かせるために

ダリアの花はとても綺麗ですね。

ダリア

今年6月に咲いた花です。

わが家の門柱の前に、植えてあります。

このダリア、一昨年に植えてからほおっておいて、昨年は何もメンテナンスをしませんでしたが、咲いてくれました。

ダリアは、ちゃんと手入れをすると、増やして大きな美しい花を咲かせてくれます。

スポンサーリンク

ダリアは、球根で増えることを知ろう。

ダリアは、球根で増える花です。

つまり、チューリップと同じような花です。

ダリアは、球根で増える

球根から芽が出て花が咲き、球根が分裂をして株が増えていきます。

球根系の植物の育て方には特徴があります。

もちろんほおっておいても花は咲きますが、球根が分裂するので、徐々に密集してきます。

ですから、土や養分を吸収することが難しくなり、徐々に花が小さくなっていきます。

ですから、ダリアやチューリップのような球根系の植物・花は、球根の周りにゆとりを持って植え、花を咲かせることが必要です。

ダリア

大切な3つステップを守れば、来年の春に芽をだして大きな花を咲かせてくれます。

1.ダリアの球根を、掘り起こす。

ダリアが咲き終わった秋、

球根をまるごと掘り起こします。

この際に、球根の周囲の土ごと、ショベルのようなもので、ごっそりと掘り起こします。

そして、解すために土を払います。

ダリアは、球根で増える

もっともカンタンな方法は、ジョウロなどで水をかけて、土を洗い流すことです。

このことで、球根の周りの土がなくなり、互いに入り組んでいる球根の全容が見えてきます。

2.ダリアの球根を解すのに、最も大切なこと

この球根の状態をみて、ひとつひとつ解していきます。

ダリアは、球根で増える

ここで、とっても重要なのは・・・・

球根と茎の部分を切り離さないこと

です。

芽の出る場所がこの接続部分にあるので、ここが切れたり折れたりすると、芽が出ません。

つまり、茎の部分までしっかりと付いたままにしておけば大丈夫です。

ですから、慎重にひとつひとつを外していきます。

もし外せなそうであれば、そのままでも構いません。

無理に外してはいけません。

ある程度外せたら、そのまま日陰などで乾燥させます。

3.乾燥させすぎず、水分を含ませず保管する

そして、来年、その球根から芽が出るまで、保管しておきます。

あまり乾燥させすぎると、カリカリになってしまうので、新聞紙などにくるんでおくのが良いかも知れません。

湿気が多すぎても少なすぎてもよくありませんので、おがくず、バーミキュライト、籾殻などに入れておいても良いでしょう。

翌年2-3月になると芽が見えてくるので、その時に分球をします。

間違って捨てないように、段ボール箱には、

ダリア球根

と書いておいてくださいね!!!

それまで、おやすみなさい!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう