梅雨が来る前に、ハーブの切り戻しをする。タイミングと方法

スポンサーリンク

ハーブを切り戻ししなければならない理由

タイムの花が終わりました。

また来年も咲いてもらうために、この花が終わったタイミングで切り戻しをします。

なぜ切り戻しをするのか。

まもなく6月。
梅雨がやってきます。

ハーブは乾燥地帯の植物なので、湿気に弱いのです。
放っておくと、枯れます。

ですから、切り戻しを行うと、また葉が覆い茂ってくれるのです。

タイムの切り戻し位置

ハーブは、だいたい、1/2〜2/3あたりで切ります。

バッサリと。。。。

心配になりますが、大丈夫です。
ちゃんと伸びてくれます。

スッキリ、坊主にしましょう。

ハーブは強いので、どんどん伸びていきます。

切った部分をその辺に放置しておくと切った部分から根が生えて定植することもあります。

うまくこれで増やしても良いでしょう。

気になるキーワード

タイトルとURLをコピーしました