ひょうたんの摘芯は、2回以上必要 ~グリーンカーテン計画(10)

ひょうたんの二回目の摘芯

ひょうたんの摘芯は、必ず2回以上行う必要があります。

ひょうたんは、

親ヅルには付かず、子ヅルにも付かず、孫ヅルにつく

そうです。

ひょうたんの花は咲くけれど、ちっとも実がならない理由

それは、摘芯をしていないからなのです。

ひょうたんの二回目の摘芯位置

1回目の摘芯は7~9(葉)くらいの位置で、2回目もそのくらいの位置で大丈夫です。

1回目の摘芯から、Y字に伸びました。笑

そこで、7節目(葉)くらいを狙って、切ります。

ごめんね!と思いながら・・・笑い

これで少なくとも4本になり、実がつきます。

更に摘芯しても大丈夫のようですが。。。

もちろん、グリーンカーテンが目的なので実がつかなくても良いのですが、それでも、それなりの枝数があったほうが葉が多くなるので、摘芯だけはしておきましょう。

グリーンカーテン化計画

気になるキーワード

タイトルとURLをコピーしました