【広告】

家庭菜園/畑を前提とした家づくり(1) ~野菜を買うよりも栽培するメリット、水栓や排水などの設備の重要性

スポンサーリンク

野菜を買うよりも、栽培して作るメリット

私が戸建てにしたいと思った理由の一つは、家庭菜園をしたいということでした。

家庭菜園といっても、畑で野菜をつくりたいということです。

毎朝、野菜ジュースを飲んでいたこともあり、また、野菜がとても好きなので、買ってくるよりも作りたいと思ったからです。

野菜を買うよりも作るメリットはいろいろあります。

家の前で作れば、少量づつ使える(ネギや大葉やハーブなど)

採って、すぐに調理できる(新鮮さが違う!)

無農薬野菜ができる(害虫駆除を頻繁にできる)

除草剤を使わず栽培できる(雑草駆除も少しづつできる)

必要な野菜、高い野菜だけ作れる(経済性)

まだまだこれ以外にもいっぱいありますよね!

家庭菜園

好きや野菜が食べ放題!

子どもの成長に良い影響を与える!

などなど。。。

わが家は、トマトとピーマン、ゴーヤもキャベツも食べ放題です!

露地栽培(ハウス栽培でない)の場合には、季節の野菜が採れるので、本当に美味しいです。

季節感も味わえてとっても良いことばかりです。

スポンサーリンク

家庭菜園/畑を前提にした、家づくりを考える

畑をしようと思うと、それなりに環境を整える必要があります。

小屋でも買えばいいのでは?

もちろん必要ですが、それだけではありません。

想定したこと、現状どのような視点で考えるのかをまとめました。

家庭菜園/畑は水が必要。まず、水のことから考える

特に夏の期間は、水が必要になります。

水というと、水栓です。

つまり、外構で水栓を用意して設計しておく必要があります。

もちろん洗車などでも必要になりますし、手洗いなども必要ですが、畑やプランターなどに水をあげるためにも必要なのです。

ホース用、水栓の用意

建物の配置を決めるときに、立水栓などの位置を決めておきましょう。

立水栓さえ出しておけば、そこからホースなどを繋ぐことができます。

畑をやりたい場所に近いほうが、ホースが短くてすみます。

雨水タンクは必要か?

雨水タンクについては、いろいろと検討しました。

しかしわが家では、雨水タンクを設置することは、やめました。

そもそも、水道水をどれほど使っても、雨水タンクを買う費用に届くには相当な時間を要します。

そして必要な時に水がない、ということも起こるのです。

(雨が降ったら水はいらない、雨が不要な時に水が欲しいが雨水が貯まっていない、など。)

助成金がある地域もありますし、水道が敷けない場所には最適だと思います。

一帯が畑というところで、小屋から雨水などを溜めるなどには良いでしょう。

でも、家の前の家庭菜園では必要ありません。

また、小さな畑であれば、ポリタンクを買うくらいで十分です。

手洗いや長靴、野菜を洗う水栓と、排水機能

水が必要な場合は、植物が必要としている時だけではありません。

土作業は、汚れます。

ですから、洗う必要があります。

わが家は立水栓が3箇所あります。

こちらの立水栓は、排水もつけています。

水道管の配線も重要なのですが、排水のための排水口やその配管なども重要になります。

家庭から出る汚水の排水もあれば、雨水などを流す排水もあります。

下水処理というのは自由にできるわけではないので、汚れを落とした後の排水のことも十分に考える必要があるのです。

水栓に、冷水と温水も付けられる

さきほどの水栓には、温水も出るようになっています。

わが家はエコキュートをやめてガス給湯にしたので、ガス給湯のボイラーから外部にひいています。

家庭菜園というのは、季節を問わず作業があります。

冬場は氷点下になる外部で、0度に近い水で作業するのは辛いものです。

野菜にはお湯を使うことはありませんが、靴を洗うこともあるでしょう。

外部だからお湯が使えないということはないので、外部にお湯をひくことも検討してみても良いでしょう。

づつく(家庭菜園/畑を前提とした家づくり(2) ~勝手口、ガレージ、小屋、玄関の土間、シューズクローク)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう