浴室の間取り検討記(3) ~浴室の広さ、浴槽の大きさ、洗い場の広さ、そして床暖房!

浴室の間取り検討記をはじめました。1坪にするか1.25坪にするかを検討しつつ、やっぱり、現在との比較などから正確に決めたいということから、3回の宿泊体験と現在の仕様からスマートバス1.25坪タイプを選ぶまでの経緯を綴ります。

スポンサーリンク

浴室の大きさ(1616と1620)

1坪は182cm x 182cmですが、このスペースにユニットバスを作ったときの内寸、つまり実際の浴室の広さはおよそ160cm x 160cmとなります。
一般的にはこのサイズのユニットを、1616と呼びます。

また、1.25坪は182cm x 227cmですが、このスペースにユニットバスを作ったときの内寸、つまり実際の浴室の広さはおよそ160cm × 200cmとなります。
一般的にはこのサイズのユニットを、1620と呼びます。

【まとめ】
1坪タイプ : 1616 (160cm x 160cm)
1.25坪タイプ : 1620 (160cm x 200cm)

スマートバスはこのサイズが標準となります。

現在のマンションの浴室のサイズは、140cm x 180cmです。
ですから、1418というサイズでした。

スポンサーリンク

浴槽の大きさ

スマートバス

一条工務店のスマートバスの浴槽の大きさは、160cm x 80cm。
つまり、間取りでいうと畳で1畳分(0.5坪)となります。

現在のマンションの浴槽のサイズは、140cm x 80cmでした。

スクエアタイプということもあり、内寸もそれなりに広く長く感じ、宿泊体験で入った時には、

180㎝の私でも足を伸ばしてゆったりと入れた

のはとても印象的でした。

20㎝もの長さが伸びるのは・・・とても大きいです!
(切実)

そう考えると、お風呂場へのこだわりも・・・わかる気がしてきました。。。

洗い場の広さ

洗い場の広さは、

浴室 - 浴槽 = 洗い場の広さ

になります。

浴槽は同じですから、浴室が広ければ、洗い場が広くなるということです。

1坪タイプ : 1616 (160cm x 160cm)
→浴槽が160 x 80cm、洗い場が160 x 80cm

1.25坪タイプ : 1620 (160cm x 200cm)
→浴槽が160 x 80cm、洗い場が160 x 120cm

つまり、洗い場だけでいえば、

1.25坪タイプの洗い場の広さは、1坪タイプの1.5倍の広さがある

ということです。

だから、工場見学などで比較すると、とっても広い感じがするのですね。

ちなみに、現在のマンションの洗い場は、

浴室(140cm x 180cm)―浴槽(140cm x 80cm)=洗い場(140cm x 100cm)

となります。

ですから、我が家は、

現在のマンション(140cm x 100cm) → スマートバス(160 x 120cm)
つまり、
面積で1.37倍の広さ

になるということです。

ちなみに1坪タイプを選んでいた場合には、

現在のマンション(140cm x 100cm) → スマートバス(160 x 80cm)

となり、面積比率で0.9倍・・・つまり、狭くなってしまうわけです!

子どもを2人一緒に入れることを考えると、宿泊体験でも1.25坪タイプでないとゆとりが持てませんでした。

そして、一条工務店i-smartでは、風呂場にも床暖房が標準!

そしてこの洗い場には、床暖房がついているのです!

この床暖房は・・・ものすごく嬉しいです。

どれだけお湯が温かくても、出たら床が冷たいというのは残念でなりません。

実家はコンクリートだったので、マンションよりももっと冷たかったわけで、マットを敷いてました・・・

洗い場にも床暖があり、脱衣所にも床暖があり・・・
もう、想像するだけで最高です!

加えて窓も付けたので・・・完璧です。
(窓の位置はルールがあります。大きさも含めて結構苦労しました!)

i-smart&スマートバス&1.25坪タイプ

お風呂は入れれば良いという方針ではあるものの、やっぱり子どもと入る時などはゆとりが欲しいなぁと思います。

浴槽も洗い場も広くなると考えるだけで嬉しいですし、床暖房なども付いていれば、急いで子どもの体を拭かなくても済みます。。。。

自分の体が冷えてしまったりなど、いろいろと楽になります・・・ああ、もっと早くこんな家が欲しかった!

でもまだ子どもが小さいので助かりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう