室温30度、湿度80% ~梅雨の気候に翻弄されない高断熱・高気密住宅のコントロール

スポンサーリンク

梅雨の気候に翻弄

2016年の梅雨は、本当によく雨が降ります。

そしてよく晴れます。

雨が降って、よく晴れる・・・ということはどういうことでしょうか。

そうです、、、降った雨が蒸発して、蒸し暑くなるのです。

今年の梅雨は、気候の変化が激しいので、高断熱高気密住宅のコントロールも大変です。

室温30度、湿度80%

ある日のこと、夜になって寝室で寝ようと二階に上がったら・・・

まるでサウナ・・・

どうしたことか!?と思い、一条工務店からもらった温度・湿度計を見てみると・・・

室温30度、湿度80%

室温30度、湿度80%

いやー、これは凄いですね。。。

この日は、

昼間に太陽がカンカンに照りつけていて、
夕方にどさーっと雨が降って
夜になって風がなくなった

という、絵に描いたようなサウナな日でした。。。

高断熱・高気密住宅は一旦温まると保温してしまうので、ちゃんとサウナを維持してくれていたようです・・・トホホ・・・

ということで、エアコンで冷房除湿をセットし、一気に室温27度、湿度55%くらいまで下げました。

でも、、、寝室だけが快適で、廊下に出るとサウナ・・・

なかなか厳しい日でした。

梅雨の季節は窓を開けて寝られない→2階全体をエアコンで空調する

梅雨の時期は、突然雨が降ってくることもあるので、いくら外が涼しくても窓を開けて安心して寝ることができません。

もちろん、開き戸であればある程度は雨も防げますが、それでも、突然の雨でカーテンやフローリーングが水浸しというのは嫌ですよね。

ですからやはりエアコンが必須になってきますね。

でも、エアコンの風は嫌だ・・・ということで、高断熱・高気密住宅の特性を考えて、寝室のドアを開放して寝てみました。

つまり、2階全体をエアコンで冷やしたみたわけです。

電気代がもったいないのでは・・・?

そんなことも考えましたが、そこは高断熱・高気密住宅。

一旦冷えればきっと大丈夫では?と思い、各部屋のハニカムシェードを閉めて実行してみました。

これが意外と快適です。

エアコンもガンガンに動いているわけでもなく、1部屋で動作しているのとさほど変わらずといったところです。

しかも、部屋が寒くなりすぎず、廊下もそれなりに冷えているという状態です。

案外、部屋の空気は廊下に出て行かないもので、適度な循環をしつつ二階全体が快適になりました。

そんなわけで、暑い日には寝る1時間ほど前からエアコンをつけて空調をするようにしてみました。

明け方は涼しくなってくるので、タイマーを5時くらいにかけておくのもいいですね。

ぜひお試しください。

気になるキーワード

タイトルとURLをコピーしました