一条工務店i-smart上棟レポート(1) 平面が立体になっていく時間の流れ

遂に、わが家も上棟を迎えることに

最初の契約をしてからおよそ11ヶ月

遂にわが家も上棟を迎えることができました!

地鎮祭や着工という儀式ではあまり実感も沸かず、地縄確認では弱冠心配になりつつも、何だかとてもソワソワするような期待と共に現地に向かいました。

いろいろとあって到着が10時になったので、すでに始まっており、

たった2時間で、一階の床と壁がほとんど出来上がろうとしていました。

ちょうど10時の休憩に入ったところでしたので、見せていただけることになりました。

1階の屋根のない建物

玄関から入り、ジャングルのような室内(室外?)を抜けリビングに到着しました。

上棟 ~1階の屋根のない建物

いやぁ、立体になっている!

何ヶ月もかけて紙の上で線で描かれた平面で見てきたものが、立体になっているだけで感無量です。

床と壁だけでできている1階。

こんな空間は今日だけ、今だけです。

とても貴重な時間だなぁと浸っていました。

上棟 ~風呂場を発見!

風呂場を発見です。

床部分が抜けていますね。

この部分にユニットが入るのですね。

そんなことをしているうちに、休憩も終わり作業が始まりました。

風呂場のユニットも到着

風呂場のユニットが到着しました。

スマートバスが標準になっていますが、このスマートバスがすでに出来上がった状態で運ばれてくるわけです。

現地で作らないのです。

良く見ると、

浴室に入るドアから、浴室の窓まで、すべて出来上がった状態のユニットです

すごいですねぇ~・・・

浴室という箱が運ばれてきているわけですから・・・

あっけに取られつつも、見ているだけで時間が過ぎていく上棟初日の午前でした

つづく 一条工務店i-smart上棟レポート(2) 空を飛ぶクローゼット、壁、風呂、キッチン・・・

 

気になるキーワード

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました