間取りで壁を意識して、必要な壁を作る

壁だけという場所は、意外に存在しない

間取りが終わると壁紙をどうするかという話題に入ってきます。

でも実は、間取りを考えている間に壁紙なども一緒に考えていく必要があります。

なぜなら、、、

案外、壁だけという場所が存在しないのです・・・

間取りをみても壁は想像しにくいですが、一面壁という場所は案外ありません。

注文住宅ですから自由に窓がつけられます。

ですから、できるだけ窓をつけてしまいますよね。

そして部屋を移動するための扉があります。

これも欠かせません。

そうやっていると、どんどん壁がうまっていって、ほとんどなくなってしまうわけです。

住んでみると、意外と壁が欲しい

間取りを作っている時には、できるだけ壁をなくしていきがちです。

効率的な間取り
広々とした部屋

そういう居住間を目指すと、どんどん壁がなくなっていきます。

でも、壁は必要なのです。

どんな時に壁が必要なのでしょうか。

テレビを置くための壁

テレビ

これ、一番大切ですよね。

どこに座ってどこにテレビを置くのか。

テレビってかなり大きなスペースを取るので、置いたら窓が隠れたってのも残念です。

テレビは最低でも1間分くらいの幅は必要です。

そしてそのテレビまでの距離も1間分くらいは確保が必要なので、その位置にソファーを置くなどを想定しますよね。

テレビを窓側に置けば逆光で見えないし、かといって背に向ければ反射して見えません。

なかなか置く場所には苦労します。

鏡を設置するための壁

鏡

鏡の設置も重要です。

特に玄関、そしてウオークインクローゼットなどでは、鏡は必須になります。

鏡を壁につけることが多いと思いますので、その壁を最初に確保しておく必要がありますね。

最悪は扉につけるというのもありますが、、、、

棚を置くための壁

という感じです。本棚

本棚などの設置場所も重要です。

リビングなどでは、それなりに小物や本を置く場所が欲しくなります。

腰窓であればその下に置くこともできますが、掃き出しの窓では置くことができません。

壁厚がそれなりにあってハニカムシェードがあるので、窓ギリギリまでも設置不可なので、棚の後ろが空いてしまいます。

エアコンをつける場所の下もありますが、高さにも注意が必要ですね。

絵や時計を飾る壁

時計

時計をつける場所というのは重要ですよね。

使いやすい場所を探す必要がありますが、できれば、窓の上とかでないほうが良いですね。

また、絵などを飾る場所も確保したいです。

たとえば玄関の壁などはとても印象が変わります。

植物を置く壁

植物を置く場所として角のスペースを利用する方法があります。

しかしこの角のスペースは人気で、本棚の設置やゴミ箱などいろいろなものが置かれてしまいます。

植物は案外簡単に移動できるので追いやられてしまいますが、植物は部屋の印象を変えるので想定しておきたいですね。

スイッチや電源コンセントのための壁

スイッチ

間取りを作っている時には、スイッチや電源コンセントなどの位置はとても重要になりますね。

何かを設置して後ろになっても使い勝手は悪いですが、でも、ないと困ります。

スイッチやコンセントをつけられる壁、そうでない壁というものも存在しますが、イメージを膨らませておかないといけませんね。

壁を意識して間取りをつくる

住んでみると、やっぱり絵などを飾りたい壁というのは限られてしまいます。

もうちょっと広ければここに飾れるんだけどなぁ

なんて思うことは多くあります。

想定していた場所には飾れず、別の場所のほうが壁が広かったなんてことも多くあります。

でも、平面の図面ではなかなか想像しにくいものですよね。

入居した時の印象はみんな一緒だと思うのですが、

あの図面がこうなるんですね~

そして壁と一緒に壁紙を考えていくのもとても大切です。

壁は間取りでは見えませんが、なかなか大きな課題ですので、できるだけ早い段階からイメージして進めていきましょう。

気になるキーワード

タイトルとURLをコピーしました