キッチン(台所)をスマートに使う ~ゴミ箱の収納方法を考慮し足元をスッキリさせる

キッチン(台所)はスマートに使いたい

キッチン(台所)は調理に集中したいので、できるだけ足元はスッキリさせたいものです。

こちらわが家のキッチン

シンプルでスッキリとしたキッチン

シンプルでスッキリさせています。

で、一番気になるのはゴミ箱。

ゴミ箱はどこへ?

もちろん外にもゴミ箱があるのですが、いつも外に出すわけにもいきません。

すべてのゴミ箱は、収納されているのです。

引き出しの中のゴミ箱は臭いが広がらない

ゴミ箱といっても、燃えるゴミから燃えないゴミ、資源ゴミなど最近でh分別も多くなってきています。

ですから、ゴミ箱は1つということではなく、複数必要になってきます。

わが家の場合、ゴミ箱はすべて引き出しの中に収納されています。

ゴミを捨てるのにわざわざ引き出しを開けるなんて、不便じゃないの?

それは、慣れの問題です。

ゴミ箱を収納

こんな風に、キッチンの下と、後ろのカップボードの下に収納されています。

キッチンの臭いはナノイーにも任せているのですが、それでも臭います。

ですから、引き出しの中にあることで臭いを部屋に広がらせないというのも重要なポイントです。

それぞれのゴミ箱

キッチンの下のゴミ箱、燃えるゴミです。

燃えるゴミ

高さが合わなかったのでDIYをしたニトリにゴミ箱です。

このゴミ箱の隣のスペースに、ペットボトル、ビン、カン、トレイなどが紙袋に入っています。

そして、カップボード側のゴミ箱は、プラスチックの資源ゴミです。

燃えないゴミ

このカップボードは、前のマンション生活の時に買ったものです。

パモウナというシンプルでモダン、そして厚みがなくてマンションにピッタリなカップボードを作っているメーカーです。

そのカップボードのタイプによっては、ゴミ箱が入る台がローラーによって引き出せるようになっています。

燃えないゴミのフタ

そしてその台の下部分にゴミ箱を入れるのですが、こちらも高さに制限があったので、あらゆるゴミ箱を探しました。

そして、このように折れる形のゴミ箱を探し当てました。

折れる場所の高さをメーカに電話をして、ネットで買いました。

ゴミは引き出しの中と外との2箇所で

どちらのゴミ箱もガンガン入れていき、オーバーフローしそうになったら外に出すという方法にしています。

外のゴミ箱は45リットルが入るようなもので、中のゴミ箱は20リットル程度です。

ですから2回分を外に出せるようなイメージですね。

ゴミはどんどん出てくるので、できるだけ簡単に捨てつつ、その上で臭いが出にくいよう工夫をして、そしてシンプル!にしました。

キッチン/台所のシンプル化計画は最重要課題ですよね・・・

ご参考までに。

気になるキーワード

タイトルとURLをコピーしました