勝手口のメリットは、家のゴミを台所からすぐ外へ出せること!~ゴミ箱を考慮したT字土間施工と家事動線

台所の勝手口を作りたい

台所から勝手口を作るかどうか?

これも1つの間取りを作る上でのポイントになりますよね。

勝手口から外に出られたら、それは便利です!

一番の理由は、ゴミが外に捨てられるから!

ですよね。

台所はとにかくゴミがいっぱい出ます。

生ゴミは早く家の外に出したいし、
プラスチックゴミは、かさばるから、早く外に出したい。

とにかく、台所から外のゴミ箱へどうアクセスできるのかが勝負ですね。

台所の勝手口の仕様

台所から勝手口を作る際には、いくつかの重要なポイントがあります。

勝手口の扉

台所からできるだけ近い位置に、外に出る扉を付けることです。

これは当たり前かもしれませんが、台所の間取りによっては出るのがとても難しい場合があります。

キッチンカウンターの隣などにそのまま出られるように付けるのが一般的ですが、カップボード側から出るように設計されている方もいらっしゃいますね。

勝手口の土間

勝手口には、外の土間か、内の土間かを設計することができます。

内土間の場合には、ちょうど玄関のように家の中に土間があるわけです。

利点としては、スリッパがぬれないということが一番ですね。

あとは、土間であれば多少野菜に土がついていたとしても、床に置くことができますね。

わが家は内土間も考えましたが、やはり外土間にしました。

内土間をつくるスペースの問題もありました。

勝手口のルーフ

外土間の場合、勝手口の上にルーフをつける必要があります。

ルーフくらいではスリッパはぬれてしまうかもしれませんが、多少は防いでくれるでしょう。

あとは、傘をさすためのスペースですかね。

わが家では、ゴミ箱を設置しそこの上にルーフをつけました。

ゴミ箱のスペース

メインはゴミなので、ゴミ箱をどこの位置に持っていくか、ということになります。

やはりできるだけ近い位置が良いだろうということで、建物に接地しているほうが良いと考えました。

ただ、土間は階段状になっているので、ゴミ箱をどこにおくべきかを考えて、わが家は、

T字の外土間

という施工をしました。

勝手口・アーバンルーフ赤い部分がT字になっていますね。

オレンジのような導線で出て降りていくことで、青い位置にゴミ箱を置けばスムーズだと考えました。

どれほどうまくいくかは、出来てからのお楽しみです。

ちなみにこの土間の施工は、オプションです。

毎日のゴミに対応する

いずれにしても、毎日、家の中からはゴミがでます。

そのゴミにどのように対応していくかも、家事動線の大きなテーマになると思います。

一番ゴミの出る勝手口からすべてのゴミを出すことにしておけば、とりあえず玄関を通らなくても良いという点では安心です。

みなさんの設計のご参考に!

気になるキーワード

タイトルとURLをコピーしました