家の加湿対策 ~寝室にホスクリーン、洗濯物で加湿対策

冬は乾燥する、だから選択物も早く乾く!

冬になると、空気が乾燥・・・なぜ空気が乾燥するのか?というエントリーを以前に書きましたが、とにかく冬は乾燥します。

乾燥って、お肌がカサカサになるから嫌だ~

という女性の嘆きはごもっとも。

でもその分、洗濯物も乾くのです。

空気が乾燥しているわけですから、洗濯物の水分も空気にどんどん蒸発していきます。

その蒸発する水分は・・・加湿です。

空気の湿度をアップさせてくれる、加湿効果なのです!

加湿器は電気代がとてもかかりますので、ぜひ、部屋干しでお部屋を加湿しましょう。

冬の寝室を加湿する

間取りの上で、部屋/家を加湿したい時とはどんな時でしょうか?

もちろん、家に居る時には当然ですが、やはり多くは、

寝ている間の加湿

はとても重要ではないでしょうか。

つまり、

寝室の加湿対策

になります。

その対策として、

寝室にホスクリーンをつけるのが有効

です。

冬の寝室をホスクリーンで加湿する間取り

ホスクリーンをつけたいといっても、やはり、寝ている頭の上では困りますよね。

かといって、洗濯物も乾かなければならない。

そんなわけで、

寝室の窓付近にホスクリーンをつける

ということをオススメします。

もちろん、できれば東か南の窓がいいですね。

↓わが家の寝室とベランダのホスクリーンの位置
寝室とベランダのホスクリーンの位置

夜中に加湿してそのまま外の陽が入って渇かしてくれる

というのは理想ですね。

わが家の場合には、この窓の南側がベランダですので、朝になったらベランダに移動することも可能です。

現在の家でも、

バスタオル1~2枚
大人の服を2~3枚

程度を、7畳の寝室にかけておくだけで、保湿効果はばっちりです。

 
ぜひ、洗濯物の乾燥と部屋の加湿のいいとこどりをして快適に過ごす間取りを考えてみてはいかがでしょうか?

気になるキーワード

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました