一条工務店 i-smartの坪単価

一条工務店 i-smartの建物の坪単価

一条工務店 i-smartの建物の坪単価目安は、60万円前後です。

大手ハウスメーカーがだいたい80~100万円くらいかそれ以上、中小のハウスメーカーで40万円台というものもありますから、ちょうどその中間といえます。

一条工務店の他のシリーズもだいたい変わららない坪単価のようで、他のi-cubeやセゾンタイプなどを含めて、単価の比較表などをつくってくれます。

実質の坪単価はいくら?

だいたい、1.3~1.4倍と言われていますので、おおよそ、70~80万円を目安にしておくのが良いと思います。

坪単価が何故変動するのか?については様々な要素があり、地盤改良やどれだけ設備にこだわるかなどで変動します。

他のメーカーで作っても同じような倍率でかかってきますし、場合によっては標準が少ない形の坪単価を出している場合には、1.5倍くらいになることもあるでしょう。

ですから、大手ハウスメーカーの坪単価80万円は100万円くらいとみておいたほうがいいでしょうし、40万円くらいからのメーカーであれば60万円くらいを見ておくのが良いでしょう。

i-smartの坪単価

家に求めることや家に対する価値が人それぞれに異なるため、一概に坪単価の妥当性を決めつけるわけにはいきませんが、私なりの考えをまとめてみたいと思います。

構造から見る坪単価の妥当性

木造の2x6工法であれば、他のメーカーと比べてもさほど違いはありません。

耐震の面から見ても、違いはほとんどないでしょう。

なお、一条工務店は耐震等級3級を確保するためのポリシーとなっているため、お客さんの要望があってもその耐震等級が下がるような妥協をしないという点では、耐震性が守られているといえるでしょう。

標準仕様の設備からみる坪単価の妥当性

一条工務店のウリとして、高気密高断熱仕様というものがあります。

Q値UA値が低いので、冬は暖かく夏は涼しい家になります。

この性能基準(次世代省エネ基準のおよそ二倍)を取り入れようとすると、かなりの費用がかかると思われますが、これらはすべて標準です。

また、ロスガード90と呼ばれる熱交換型空気清浄機も標準装備で、外気と内気の熱交換率の良い空気清浄機になっています。

そしてなにより、全館床暖房も標準装備風呂場の床まで入ってます。

そのほか、高断熱のバスシステム、トイレキッチン、洗面、収納など、ほぼすべての設備が整っています。

また、窓の数や外壁の面積などが変わっても、ほとんどは標準内でいけるというもの特徴です。

超低価格のオプション

家のメンテナンス費用として外壁の塗装し直しなどが高額になると聞きます。

これも、光触媒で自ら洗浄を行うタイル「ハイドロテクトタイル」が低価格でオプション採用できます。

そのほか、小屋裏収納は坪単価とは別計算だったり、オプション品もかなり原価+工賃に近い価格で提供されています。

i-smartの坪単価は妥当か?

私が家を選んだ基準として、やはり住宅性能であるということです。

特に、高気密高断熱を活かした床暖房や熱交換型空気清浄機など、これらはトータルで性能を発揮するものです。

それだけの設備と性能を他のハウスメーカーに求めることはほぼ無理でしょう。

また、私たちは設備の標準品はあまりつけずに別のもの(設定外品)をつけましたが、その分の減額も考慮されます。

バスシステムやキッチン周りなど、高断熱・高気密に影響する部分についてはアンタッチャブルな感じではありますが、それ以外についてはどんどん変えてしまいました。

私たちにとって坪単価60万円は、坪単価40万円の家からのアップグレードでは実現できず、坪単価80万円の家に求めるデザイン性?よりも快適性を重要視するならばコストパフォーマンスが高いと感じています。

また、一条工務店の会社の印象としては、派手さがなく、CMや女優に無駄使いしていない感じがします。

営業よりも技術が強く、工場見学などではすべて営業が司会からすべてを取り仕切り運営するという、社内イベントのようなノリです。

そういった面で、コンパニオンやキレイなお化粧のされたものではないため、そこに無駄使いしていない部分が坪単価の削減にもなっているように感じます。

気になるキーワード

タイトルとURLをコピーしました