本当の坪単価はどうやって出すの?

本当の坪単価

メーカーの言う坪単価では家は建ちません。

なぜならハウスメーカーが最初に言う坪単価は、建物の値段(坪単価)だけだからです。

建物の値段(坪単価)だけでは家は建たないの?

・・・そうなのです。

家は地面の上に建っているので、地面や基礎がしっかりしていなければなりませんし、内装やこだわりなども反映すると坪単価は膨らんでいきます。

ハウスメーカーの言う坪単価 × 建築面積(坪) + オプション/アップグレード + 土地・地盤改良 + 外構

※ここでは土地の購入費用は含みません。

では実際、どのくらいを見積もれば良いか?

これはなかなか難しい話ではありますが、だいたい、坪単価の3~4割増しというところではないかと思います。

以下のような感じのイメージです。

30坪の家で住宅の坪単価が40万円の場合

住宅の価格25%30%35%40%
総額1200万円1500万円1650万円1778万円1911万円
坪単価40万円50万円55万円59万円64万円

パーセントは以下のような解釈になります。

25%・・・地盤改良がなく、標準品だけで揃えた場合、外構も砂利など
30%・・・地盤改良がほとんどなく、プチ贅沢をしたオプション、外構も最低限
35%・・・地盤改良がある程度必要、あるいは、ちょっと贅沢なオプション、外構もほどほど
40%・・・地盤改良がある程度必要、そのうえ、わりと贅沢なオプション、外構もそれなり

上をみればキリがないですが、最高で40%くらいを見ておけば予算の範囲には入ってくると思われます。

40%の場合、総額で711万円、坪単価で24万円の差にもなります。

外構は敷地全体の面積や庭の部分などにも左右されます。

外構には無限にお金をかけられる部分なので何ともいえませんが、ここは住んでから手作りでも良いものでもあるので、少し控えめで進めるのが良いかもしれません。

気になるキーワード

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました