ラベンダーとタイムの剪定 (冬になる前に、ハーブを剪定しておきましょう)

スポンサーリンク

秋から冬は、ハーブの剪定作業も忘れずに

秋から冬は、庭作業が多いのですが、木の剪定は忘れないのですが、足元のハーブなどは忘れがちです。

わが家も案の定、剪定タイミングを逃してしまいそうになっています。

コモンタイムの剪定

コモンタイムは、縦方向に高さの出るタイムです。

剪定時期は梅雨と秋。

生えている足元の部分が蒸れると、腐ってきてしまうので、風通しを良くすることが重要です。

わが家のコモンタイムも剪定はしたものの、それでも良く伸びます。

そしてこんなに大きくなっていました。

伸び放題のコモンタイム

せっかく伸びたのに、、、と思ってしまいがちですが、ざっくりと切ってしまいましょう。

 

剪定後のコモンタイム

こんな風に、丸坊主にします。

ハーブ類は、木化(木になっていく)ので、切るのが大変になっています。

剪定をすると、大きく2株になっているのがわかりますね。

ラベンダーの剪定

そして、ラベンダーも剪定します。

チラホラ、開花もしていますが・・・これ以上開花はしないので、心を鬼にして剪定をします。

ラベンダーの剪定

こちらも、丸坊主にします。

ラベンダーの剪定

はい、こちらも2株ありました。

切ってみると、中は陽が当たっていないので、枯れていますよね。

この状態が続くと、すべてが枯れていってしまうので、こうして剪定をして風通しを良くして、枯れる部分を少なくしていくことが必要です。

必ず春には花が咲きますので、ガツン!と切ってしまいましょう。

 

 

気になるキーワード

タイトルとURLをコピーしました