芝生の手入れは11月に。芝生の休眠(冬眠、冬越し)前の準備・メンテナンスと育て方。

スポンサーリンク

芝生の休眠(冬眠)

芝生は四季でその姿を様々に変えます。

青かった芝も、秋になりすっかり表面が枯れて茶色くなってきました。

芝生

 

11月ころ、最低気温が10度を下回ると、とたんに茶色くなります。

芝生の休眠期(冬眠)に入ります。

この期間は芝生にとって大切な時期なので、手入れ・メンテナンスをちゃんとしておきましょう。

芝生が休眠(冬眠)にはいる前の、3つの手入れ&メンテナンス

芝生は、温かい時期に葉の部分が伸びていきます。

寒い時期というのは、見た目には枯れていますが、根が生長する時期です。

その根が生長するにも、土の部分に太陽の陽が当たることはとても大切です。

土が元気でなければ、葉や根は成長しません。

そんな芝生が休眠(冬眠)にはいる前の、3つの手入れ&メンテナンスをご紹介します。

1.芝刈りを終えておく

夏の終わりに芝刈りをちゃんとしておけば、秋に伸びることはありません。

もし伸びっぱなしであれば、今でも遅くはないので、芝刈りをしておく必要があります。

芝の丈があると、陽が土に届きません。

根の成長のために、芝刈りは終えておきましょう。

芝刈り

 

2.雑草、落ち葉を取り除いておく

雑草も冬の間に根を伸ばします。

芝刈りをしていないのと同様に、陽があたらないことになってしまいます。

また、落ち葉などで芝生の上が覆われているかもしれません。

そんな場合にも、必ず、落ち葉を捨てておきましょう。

秋の芝生(TM9)

3.肥料を与えておく

一年の終わりに、肥料を与えておきます。

一般的な化成肥料、8-8-8や13-13-13などをあたえておきましょう。

特に有機肥料である必要もありません。笑

化学肥料(化成肥料)は悪いの? ~使い方を誤ればどんな肥料でも悪影響がでる - バジルと大葉(しそ)&ハーブ栽培(育て方)とレシピ:ガーデニングと家庭菜園の栽培ヒント
目次1 化学肥料(化成肥料)とは2 化学肥料(化成肥料)はどんなときに使うのか3 有機肥料 VS 化学肥料(化成肥料)4 化学肥料(化成肥料)よりも怖いもの スポンサーリンク 化学肥料(化成肥料)とは 化学肥料あるいは化...

 

芝生の肥料というものも売られています。

 

雨の降る前の日などに、全体にパラパラと撒いておけば大丈夫です。

芝生

こんな風に撒いておけば、雨で溶けます。

 

芝生

根が冬の間にちゃんと伸びるように、肥料を与えます。

芝生は、肥料焼け(根が肥料で腐る)というものを起こさないので、それなりにあげても大丈夫です。

【3年毎に】芝生の根切りが必要

芝生の根はとても強く、よく伸びます。

ですから、3年毎に芝生の根を切ってあげることが必要です。

これによって、古い根が腐り、新しい根が伸びるので、芝生が健康な状態を保てるのです。

芝生手入具というものが売られていますので、これでグサグサと根を切っていきます。

 

 

気になるキーワード

タイトルとURLをコピーしました