坪単価を変動させるもの ~土地(地盤)

本当の坪単価

ハウスメーカーの言う坪単価 × 建築面積(坪) + オプション + 土地・地盤改良

※ここでは土地の購入費用は含みません。

坪単価を大きく変動させる土地・地盤改良

家はどこにでも建てられるわけではありません。

山の斜面に土地を持っていても、そこを平らにしたり地滑りの起こらないように土地を整地して準備をしなければ、せっかく建てた家もすぐに壊れてしまいます。

ですから、家を建てるための土地の状態によって、家を建てる値段というのは大きく変わります。

土地(地盤)の改良などが特にかかりそうなものは以下のようなものです。

  • 河川敷や海の近くなどで、地盤が柔らかい土地
  • 元、水田だったような場所で、一見堅そうだけれども地中が柔らかい土地
  • 山の斜面などで、地面が水平でない土地
  • 建物が建っていて、それを壊してから建てなければならない場合の、解体費用
  • 地中に埋蔵物(浄化槽、地下駐車場、不発弾!?)などがある場合
  • 道路が狭いなどで、大型車が入ることが困難な場所にある土地

これ以外にもいろいろとあるようですが、そのまますぐに建てられる土地ばかりではありません。

ですから、土地が見つかったらまず地盤調査をして、そもそも建てられるのか?ということを見極める必要があります。

土地が相続などで手に入ったとしても、家を建てる前に膨大なお金をかけて整地する必要があるかもしれません。

気になるキーワード

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました