消費税が10%に増税!8%で買うのは、いつなら合うのか?いくら違うのか?

平成29年(2017年)4月1日 消費税率10%への引上げ

消費税率の8%から10%への引上げ時期が、平成29年(2017年)4月1日とされました。

このまま本当にこの時期に実行されるのか、また延期されるのか・・・それはまだわからないものの、現状では引き上げは確実ではないかと思われます。

新税率適用のタイミング

原則、平成29年(2017年)4月1日以降、つまり消費税率10%への引上げ以降に引渡しを受ける住宅は新たな税率になります。
ただし、新消費税率施行の半年前までに請負契約を締結した場合には、旧税率が適用される経過措置がとられます。

つまり、

平成28年(2016年)9月30日までに請負契約を締結することで、10%への税率引上げ後(平成29年(2015年)4月1日以後に引渡し)においても、改正前の税率(8%)が適用されます。

締結までにはいよいよ1年切りましたね。

ハウスメーカーを決めてから、間取りを決めるなどしていくと、半年はあっという間に過ぎてしまいます。

年明けから春までにはハウスメーカーを決めておくのが良いでしょう。

そのほかの税や給付金の情報

増税に伴う反動がないよう、いくつかの減税や給付措置がとられるようです。

住宅ローン減税

平成31年(2019年)6月末までに入居した場合には、一般住宅で最大400万円、認定住宅で最大500万円の住宅ローン控除が適用になります。

すまい給付金

消費税率8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円、10%時は収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円が給付されます。

【フラット35】融資上限の撤廃

「フラット35」の融資上限を撤廃し、これまで住宅の建設費または購入価額の90%を上限としていた融資率を100%まで引き上げになります。

消費税以外で気をつけておくこと

この近年は、資材費用や人件費の高騰で、坪単価が急激に上がりつつあります。

まず、円安による資材の原価高騰が最も大きいです。

そしてオリンピックに向けて人件費が高騰しつつあります。

加えて、景気回復などから住宅をつくる人がどんどん増えています。

住宅エコポイントも、本年は秋に予算をすべて消化してしまったほどです。

消費税が2%ですが、それ以上に他の要素で坪単価などが上がっていく可能性があります。

消費税が8%から10%に増税になると、いくら変わるのか?

かかるすべての費用が2%上がってしまいます。

つまり、土地代、建物代、外構、その他諸費用など全てです。

予算全額を見込んで、一体、いくらの増額となるのか、目安を掴んでおくのが良いでしょう。

総額消費税8%分消費税10%分増額分
2,000万円160万円200万円40万円
2,100万円168万円210万円42万円
2,200万円176万円220万円44万円
2,300万円184万円230万円46万円
2,400万円192万円240万円48万円
2,500万円200万円250万円50万円
2,600万円208万円260万円52万円
2,700万円216万円270万円54万円
2,800万円224万円280万円56万円
2,900万円232万円290万円58万円
総額消費税8%分消費税10%分増額分
3,000万円240万円300万円60万円
3,100万円248万円310万円62万円
3,200万円256万円320万円64万円
3,300万円264万円330万円66万円
3,400万円272万円340万円68万円
3,500万円280万円350万円70万円
3,600万円288万円360万円72万円
3,700万円296万円370万円74万円
3,800万円304万円380万円76万円
3,900万円312万円390万円78万円
総額消費税8%分消費税10%分増額分
4,000万円320万円400万円80万円
4,100万円328万円410万円82万円
4,200万円336万円420万円84万円
4,300万円344万円430万円86万円
4,400万円352万円440万円88万円
4,500万円360万円450万円90万円
4,600万円368万円460万円92万円
4,700万円376万円470万円94万円
4,800万円384万円480万円96万円
4,900万円392万円490万円98万円
総額消費税8%分消費税10%分増額分
5,000万円400万円500万円100万円
5,100万円408万円510万円102万円
5,200万円416万円520万円104万円
5,300万円424万円530万円106万円
5,400万円432万円540万円108万円
5,500万円440万円550万円110万円
5,600万円448万円560万円112万円
5,700万円456万円570万円114万円
5,800万円464万円580万円116万円
5,900万円472万円590万円118万円
総額消費税8%分消費税10%分増額分
6,000万円480万円600万円120万円
6,100万円488万円610万円122万円
6,200万円496万円620万円124万円
6,300万円504万円630万円126万円
6,400万円512万円640万円128万円
6,500万円520万円650万円130万円
6,600万円528万円660万円132万円
6,700万円536万円670万円134万円
6,800万円544万円680万円136万円
6,900万円552万円690万円138万円
総額消費税8%分消費税10%分増額分
7,000万円560万円700万円140万円
7,100万円568万円710万円142万円
7,200万円576万円720万円144万円
7,300万円584万円730万円146万円
7,400万円592万円740万円148万円
7,500万円600万円750万円150万円
7,600万円608万円760万円152万円
7,700万円616万円770万円154万円
7,800万円624万円780万円156万円
7,900万円632万円790万円158万円
総額消費税8%分消費税10%分増額分
8,000万円640万円800万円160万円
8,100万円648万円810万円162万円
8,200万円656万円820万円164万円
8,300万円664万円830万円166万円
8,400万円672万円840万円168万円
8,500万円680万円850万円170万円
8,600万円688万円860万円172万円
8,700万円696万円870万円174万円
8,800万円704万円880万円176万円
8,900万円712万円890万円178万円
総額消費税8%分消費税10%分増額分
9,000万円720万円900万円180万円
9,100万円728万円910万円182万円
9,200万円736万円920万円184万円
9,300万円744万円930万円186万円
9,400万円752万円940万円188万円
9,500万円760万円950万円190万円
9,600万円768万円960万円192万円
9,700万円776万円970万円194万円
9,800万円784万円980万円196万円
9,900万円792万円990万円198万円
10,000万円800万円1,000万円200万円

気になるキーワード

タイトルとURLをコピーしました