テスラの蓄電池は日本で2016年発売!?

テスラモーターズが蓄電池を発売

テスラの蓄電池パワーウォール

2015年4月30日、アメリカの電気自動車メーカーのテスラモーターズが、蓄電池を発表しました。

パワーウォールには10 kWhモデルと7 kWhモデルがあり、10 kWhバッテリーは合計90 kWhまで、7 kWhバッテリーは合計63 kWhまで連結して設置できます。

容量(価格)10kWh(3,500ドル・約42万円)
7kWh(3,000ドル・約36万円)
最高出力2000W~3300W
サイズ1300×860×180mm 100kg

なんといっても衝撃的なのはこの価格。

通常の半額以下の値段に設定されているので、国内の蓄電池供給会社は戦々恐々としていることでしょう。

2016年、日本にもテスラの蓄電池がやってくる!

そして、2016年、日本にもこの蓄電池がやってくるとWebページには書かれています。

とはいっても、予約が殺到しているため供給が追いつかないとは言われているので、2016年中に届くかは不明です。

しかし、半値以下という価格設定はとにかく凄いです。

日本では蓄電池導入に補助金がありますが、それを利用したとしても1kWh単価で10万円は上回ります。

しかしテスラモーターズの1kWh単価は5.2万円程度(7kWhモデルの場合)

この価格は魅力です。

そして屋内外の設置場所を問わないという点も魅力です。

もちろん、最高で43度になると言われているので夏はとても暑そうですが、冬は暖かそうですね。(笑)

室内置きを想定しているためか、色のバリエーションも6種類(白・濃赤・紺・グレー・ライトパープル)と選ぶことができます。

オフグリッドの時代はすぐそこに

新築での太陽光パネル搭載&発電は断念しましたが、数年の間に必ず載せたいと思っています。

蓄電池がこれだけ安くなるわけですから、太陽光パネルも同じように革新的な技術が出てくるはずです。

その時には蓄電池もセットで、導入し、オフグリッドの生活ができたらと思っています。

テスラモーターズ パワーウォールのページ

Powerwall | Tesla
Powerwallは、太陽光発電や電力会社の電力網からの電気を蓄えることができる家庭用電池です。蓄電した電気は、夜間や停電時などいつでも利用できます。

 

ソーラーパートナーズ

気になるキーワード

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました