サーキュレーター(扇風機)は、雨や梅雨、冬の洗濯物干しに効果絶大 ~風が動けば洗濯物は乾く

スポンサーリンク

早く洗濯物を乾かせるには、乾く/乾かない原理を知る

梅雨の時期は、洗濯物がなかなか乾きません。

特に曇りで雨が降りそうな天気では、勇気を出して外に干すことなどできませんよね。

ということで室内干しになりますが、生乾き(半乾き)で、臭くなります。

洗濯物が乾くというのは、空気中に水分が蒸発することです。

洗濯物を乾かしていると、洗濯物の周りの空気に水分が蒸発するので、空気中の湿度が上がります。

温度が高いほど水分を含むことができ、温度が低いほど水分を含むことができません。

ですから、高い温度ほど湿度が上がるので、蒸し暑くなるのです。

そして、その水分を含む量も、限界があります。

一定の水分を含んだら、それ以上含むことができません。

ですから、洗濯物の水分が蒸発しないのです。

 

・・・ではどうすれば良いのか?

 

乾いた空気を送ることで、蒸発して空気を含んでくれるようにするのです。

家の中では空気が動かないので、洗濯物が乾かないのです。

ですから、

空気を動かすことで、乾燥させるようにするのです。

そこで登場するのが、サーキュレーターです。

サーキュレーターは洗濯物を乾かす

サーキュレーターでなくとも、洗濯物は乾きます。

扇風機でももちろん。

でも、

扇風機は下は向きますが、上を向けるようにできていないことが多いのです。

洗濯物は上に掛けてありますし、温かい空気は上に溜まります。

ですから、家の中の空気を上下に循環させるために、

上向きに空気を送ることが大切なのです。

風で乾かすということではなく、空気を送るのです。

だから、風量はで構いません。

とにかく空気を動かすのです。

できれば首振りにして、2-4時間のタイマーでも大丈夫です。

とにかく空気を動かせば、乾くのです。

 

私が使っているのはこちらとほぼ同モデル。

首振りタイプがいいですよ。

ぜひ、梅雨時期の洗濯物を乾かせるようがんばりましょう!

 

気になるキーワード

タイトルとURLをコピーしました