30坪(約100㎡)の間取りの検討モデル(延べ床面積を畳数から計算してみる)

30坪の延べ床面積でつくる間取り

30坪の延べ床面積で考えてみましょう。畳で数えると60畳です。
大空間はなかなかイメージが沸きづらいので、必要な部屋を畳数で積み上げてカウントしていくと、だいたいの広さが見えてきます。
【関連】30坪(約100㎡)の土地に家を建てる

建築面積15坪、延床面積30坪(60畳)、2階建ての例

部屋の広さ収納
LDKリビング8畳1畳
ダイニング6畳
キッチン6畳
部屋寝室6畳1畳
洋室16畳
洋室26畳
共通玄関2畳
風呂2畳
洗面3畳
トイレ1F1畳
トイレ2F1畳
階段2畳
収納2畳
通路・他6畳1畳
合計55畳5畳
60畳

これで30坪分の60畳です。
リビングを広くとり、洋室が主寝室と合わせて3つ。少し収納が少ないかもしれませんね。

共通部分の「通路・他」は全体の10~15%くらいは見ておいたほうがいいかもしれません。

こんな風に、必要な畳数を積み重ねていけば、だいたいの大きさが出てきます。

実際の延床面積や建築面積は様々な要因で数字が変わりますので、実際の間取りは設計士さんにご相談ください。

【関連】30坪(約100㎡)の土地に家を建てる
→ 【畳数】→ 坪数/平方メートル・平米 (広さの単位 変換早見表:1~100畳版)
→ 【坪数】→ 畳数/平方メートル・平米 (広さの単位 変換早見表:1~30坪版)はこちら
→ 【平方メートル・平米(㎡)】→ 畳数/坪数 (広さの単位 変換早見表:1~50㎡版)はこちら

→ 平方メートル/平米(㎡)⇔坪数⇔畳数の単位・変換早見表, 平米, 畳の早見表の一覧はこちら

 

気になるキーワード

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました