布団(敷き布団/掛け布団)の入る、押し入れ/クローゼット収納の間取りを検討する

布団のサイズ

ふとんにはいろいろなサイズがありますね。
JISサイズというものもありますが、世間一般の布団はそのサイズではない布団も出回っています。
一般的なサイズは以下のようなものになります。

布団のサイズ 横×縦 (単位:cm)
サイズベッド用直置き用
敷布団掛け布団敷布団掛け布団
シングルサイズ100×200150×210100×210150×210
セミダブルサイズ120×200175×210120×210175×210
ダブルサイズ140×200190×210140×210190×210
ワイドダブルサイズ150×210210×210
クィーンサイズ160×200210×210
キングサイズ180×200230×210

布団の収納時のサイズ

通常は、シングルかセミダブル、ダブルのいずれかの布団を入れることになりますね。

敷き布団は三つ折り、掛け布団は四つ折りで入れることが多いと思います。

布団の縦の長さ = 押し入れの奥行き

布団の縦幅の長さはだいたい200 cmですから、三つ折りにすると66.7cmです。

つまり、

奥行きが67cm以上の押し入れ/クローゼットが必要

ということになります。

布団の横の長さ = 押し入れの幅

布団の横幅の長さは布団のサイズによって異なります。

敷布団
シングルサイズ100
セミダブルサイズ120
ダブルサイズ140

つまり、

少なくとも120~150以上の間口の押し入れ/クローゼットが必要

ということになります。

布団の入る押し入れのサイズ

条件を整理しましょう。

奥行きが67cm以上
間口(横幅)が120~150以上

ということになります。

いろいろなハウスメーカーでは、自在に押し入れが作れる場合もありますが、たいていの場合には、尺で決めることが多いです。

また、システムクローゼットのようなものの場合には、ある程度のパターン化されたものの中から、選ぶことになるわけです。

たいていの場合には、

間口(横幅)が、3尺(90cm)、4.5尺(150cm)、6尺(180cm)
奥行きが、1.5尺(45cm)、2尺(60cm)、3尺(90cm)

これらの組み合わせで作られることが多くあります。

もちろん、メーターモジュールで作る家の場合には自在ですが、木造で一般的な場合にはこうした尺で考えたほうが、坪や畳数と合い、間取りが組みやすくなります。

押し入れを入れる場合の条件は、

間口(横幅)が、4.5尺(150cm)以上必要
奥行きが、3尺(90cm)以上必要

ということになりますから、

間口
3尺(90cm)4.5尺(150cm)6尺(180cm)
奥行き1.5尺(45cm)××
2尺(60cm)××
3尺(90cm)×

布団をしまいたい、そんな要望は間取りを考えるときに必須ですよね。

ぜひ参考にしてください。

気になるキーワード

タイトルとURLをコピーしました