アジサイの花の色を変えるには、土壌の酸性度を石灰でアルカリ性にする

スポンサーリンク

紫陽花(アジサイ)の花の色が、変わる理由

紫陽花(アジサイ)というと、何色を思い浮かべますか?

私は、公園で咲いているものは青色が多い印象があります。

庭などでは赤などもあるような気がします。

たぶんその色は様々ですし、品種によっても形も変わります。

ですが、多くの紫陽花(アジサイ)は、土壌の酸性度で花の色が変わると言われています。

公園などでは土壌はあまり管理されていないので、青色が多いようです。

日本の土のほとんどは、酸性です。

酸性土壌の場合には、青色になるようです。

ですから、紫やピンクなどの色を、公園などで見かけることが少なかったのだと思います。

土壌の酸性度で色が変わるのですから、庭の紫陽花(アジサイ)は、好みの色に変えることができるのです。

スポンサーリンク

紫陽花(アジサイ)の花の色は土壌の酸性度で変わる

紫陽花(アジサイ)の話の色は土壌の酸性度で変わるのですから、

土壌の酸性土を、酸性からアルカリ性に変える

ことで、

花の色は、青色からピンクなどの赤系に変わっていきます。

土壌を酸性からアルカリ性に変える方法は、いくつかありますが、手軽なのは赤いアジサイの花が咲く土を買って植えることです。

もし今の土でアジサイを赤くしたい場合には、、、、

石灰を撒くと赤くなるのです。

石灰にはいろいろありますが、苦土石灰や有機石灰などがあります。

苦土石灰は即効性がありますが、強いため根などを傷めることがあります。

有機石灰には即効性がありませんが、徐々にアルカリ性に変えていくために、根などを傷めることがありません。

有機石灰の主成分は、牡蠣などの貝殻。

自然のものですから、根などを傷めないのもわかりますね。

冬が明け、春になったら石灰を撒いておくことで、土壌が酸性からアルカリ性に変化していきます。

こうして、青いアジサイも紫に、そして赤やピンクに色を変えていくそうです。

今年、青色だった紫陽花(アジサイ)を、来年はピンクにしてはいかがですか?

毎年色を変えたり、株によって変えるのもいいものですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう