一瞬にして長さを測る「レーザー距離計(電子メジャー)は、間取り設計の必需・便利アイテム・ツール

家づくりには、メジャーが欠かせない

メジャースケール(BOSCH(ボッシュ) レーザー距離計)

家づくりにはメジャーが欠かせませんよね。

建具の長さ
部屋の広さ
窓の大きさ
テーブルの高さ
玄関の広さ
天井の高さ

それはそれは、測るところがいっぱいです!

一般的にはスチールメジャーが、メジャーですよね。笑

スチールメジャー

でも、これまで持っていたスチールのメジャーも便利でしたが、

一人で測るのが難しい
手を切りそう
天井などを測るのが困難
重い
あまり長いところが測れない

などの不満もありました。

ある日、一条工務店の営業さんが写真にある電子メジャーを取り出したのです。

メジャースケール(BOSCH(ボッシュ) レーザー距離計)

おお!これなんですか~!
(男子が飛びつきそうなアイテムですね~!)

その場でamazonを検索し、即買いしました♪

それからというもの、手放せないツール/アイテムとなったのです。

使い方は簡単

電子メジャーの後ろを測りたい場所に当てます。

メジャースケール(BOSCH(ボッシュ) レーザー距離計)

スライドをしてレーザーを測りたい先に当てます。

メジャースケール(BOSCH(ボッシュ) レーザー距離計)

すると数字が計測されるわけです。

計測時間、ほんの数秒です!

これまでステンレスメジャーで測っていたのは何だったんだろう!っていうくらい、一瞬の出来事です。

これまで困難だった場所が測れる

ステンレスメジャーでは、天井の高さなどを測るのはとても困難です。

ですが、電子メジャーだと一瞬で計測可能。

高さを測るのがとても便利です。

また、部屋などの長いものもとにかく便利。

得意な場所をまとめると、

天井の高さ
部屋の広い長さ
収納などの内側のスペース
棚の下など

など。

家具の配置などを考えると、

この家具は一体この間取りで入るのか?

というのが不安になってきますので、有効寸法を測りたいことってとても多いと思います。

電子メジャーの苦手なところ

電子メジャーはレーザー照射をするので、照射先のレーザーの点がわかりにくい場合に苦労します。

特に外などは、どこに当たっているのかわかりにくいということがあります。

白い紙を立てるなどすれば良いですが、それでも、電子メジャー側がずれているとレーザーをうまく当てることができません。

また、照射先がガラスのものも苦手です。

ガラスを通してしまうこともあります。

あとは、15センチ以内など、短いところですね。

展示場には大抵の場合にはスチールメジャーはありますし営業さんも持っていることが多いので、レーザーで測れないところだけそういったものを使うのが便利かもしれませんね。

家づくりには、電子メジャーは【絶対に買い!】のアイテム

できるだけ早い時期から持っておくのが便利です。

特に、いろいろなハウスメーカーの展示場を見て回っている時などに、測ると良いです。

自分の家を測っておけば、どの程度の違いがあるのかは歴然です。

また、実際に間取りを設計し始めたり、終盤になってきて内寸などの有効寸法などが必要な場合などは、展示場に行って実際に測れば良いのですから。

と・に・か・く!オススメです。

 

寸法を測ったり、壁の中を調べたり、水平や垂直を測るツールは他にもあります。

 

気になるキーワード

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました