坪単価

住宅性能

一条工務店 i-smartの坪単価

一条工務店の坪単価は妥当でしょうか?高気密・高断熱の冬は温かく夏は涼しい家で、熱交換型空気清浄機も標準装備。そして全館床暖房も風呂場の床まで標準装備。私が家を選んだ基準として、やはり住宅性能であるということです。特に、高気密高断熱を活かした性能は、他のハウスメーカーに求めることはほぼ無理でしょう。
家づくり便利帳

本当の坪単価はどうやって出すの?

メーカーの言う坪単価では家は建ちません。なぜならハウスメーカーが最初に言う坪単価は、建物の値段(坪単価)だけだからです。建物の値段(坪単価)だけでは家は建たないの?そうなのです。家は地面の上に建っているので、地面や基礎がしっかりしていなければなりませんし、内装やこだわりなども反映すると坪単価は膨らんでいきます。
家づくり便利帳

坪単価を変動させるもの ~オプション/アップグレード

建物の坪単価に土地の改良や建物の基礎などを造りますが、それは必須なもの。それ以外にも、家へのこだわりが様々な建具や壁などにでてきます。標準品も幅広く用意されていますが、やはり見ていると自分が好きな色や形、使い勝手などがあるでしょう。そういったものは設定外品やオプションとして単価に反映してきます。
家づくり便利帳

坪単価を変動させるもの ~土地(地盤)

坪単価を大きく変動させる要因に、土地・地盤改良があります。家はどこにでも建てられるわけではなく、たとえば山の斜面に土地を持っていても、そこを平らにしたり地滑りの起こらないように土地を整地しなければなりません。家を建てるための土地の状態によって、家を建てる値段というのは大きく変わります。
家づくり便利帳

坪単価 ~いくらの家を作るか 

予算をいくらにするのか?広さをいくらにするのか?そのすべての鍵を握っているのは坪単価です。坪単価とは、家の価格を表す単位で、それぞれのメーカーやシリーズによって坪単価はピンキリです。何にこだわり何を妥協しいくらの坪単価でどんな家を作るのか?そこが一番大切なポイントですね。坪単価の考え方をわかりやすく整理します。
家づくり便利帳

坪と畳と平方メートル・平米(㎡)換算 ~1畳は何坪?畳の大きさが違う?

坪、畳、平米(平方メートル)など注文住宅では広さを換算する単位が色々あります。そして、マンションと注文住宅、また地域では畳の大きさが異なるため、同じ1畳でも1坪でも広さが異なってきます。まずは坪から畳数を割り出す頭の切替をして、マンション換算の畳数に惑わされないようにしていきましょう。
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました