トランクルームのいろいろな活用 ~引っ越し前、間取り制作期間にも

引っ越し前の段ボール

スポンサーリンク

引っ越しの一時預かりに

私もそうなのですが、新居がまだ完成していないのにマンションが売れてしまったため、荷物を預ける場所を探していました。

そんなときに、トランクルーム(コンテナ・ストレージ)が全国にあるので、そこを利用しようと考えました。

大きさはさまざまですし、期間もひとそれぞれ。

引っ越し先もいろいろな地域ですから全国対応の会社を探すのは大変でした。

しかも、管理面や安全面、セキュリティなどがちゃんとしているところが良いですよね。

そこでハローストレージ。

ハローストレージはわりと全国にあって、巨大なコンテナから室内のボックスまでいろいろなトランクルームがあります。



引っ越し前の荷物をどこへ?

引っ越しの準備をしていると、段ボールに入れた荷物をどこに置こうか?ということになります。

もし近くにトランクルームがあれば、運べるだけどんどん移動しておくという方法も手です。

近くならトランクルームに業者に寄ってもらって積み込みをしてもらってもよいでしょう。

家が狭いと段ボールに囲まれて生活ができない、なんてこともありますよね。

そんなときにはトランクルームが大活躍です。



しばらく使わないもの、大切なもの

家の間取りを考えていて、収納がどうしても確保できなかった場合、トランクルームを使う方法があります。

もちろん、家に入ればいいですが、子供用品やもらったものでまだ使わないものなど、使わないものというのはとても多くあります。

たとえば冬服などかさばるものもありますし、布団などもそうですよね。

スタットレスタイヤ、ひな人形や五月人形、クリスマスツリー、サーフボードやボディーボード、いろいろな道具類など、とてもかさばるものは多いと思います。

家の外では悪くなってしまいますが、家の中に入れるのは狭くなるのは嫌ですよね。

費用対効果は?

たとえばマンションで80平米で家賃が20万円だったとします。(神奈川の場合)

家賃が20万円でも敷金礼金更新料、あるいは管理費や光熱費などを合わせると、23万円くらいにはなります。

1畳分の広さがキャンペーンで5000円でした。

80平米は48.4畳ですから、23万円を割ると約4800円

つまり、ほとんど変わらない値段で収納が借りれるということです。

しかも1畳分といってもストレージの場合には高さが210センチもあるので、

押し入れ1つ分が丸々増えたようなもの

です。

引っ越し前の荷物もそうですし、家を建てることを考えている間に増えていくものを、こうしたストレージで補うというのはとても良い解決策だと思います。



 

タイトルとURLをコピーしました