野菜の成長を見届けて収穫する体験は、感性を育てる

収穫体験 育てる暮らし

 

食べごろの野菜を収穫するという体験は、感性を育てる。

見た目の色や大きさ、そこから想像する味や食感、それを見極めるための想像力。

収穫体験

タイミングの見極めはある程度のガイドはあるものの、それは絶対ではない。

品種や気候、土壌などによっても変われば、調理方法や食べ方、味の好みによっても

正解はない。

明日の朝が最適であっても、
雨で採れないかもしれないし、
ぬかるみで入れないかもしれない。

体調不良や急用で忙しく
時間が取れないかもしれない。

先に鳥に取られるかもしれない。
虫に食われるかもしれないし、
巨大化して美味しくなくなるかもしれない。

全てに正解はなく、教科書通りが最短でも最良でもない。

全ては感覚の中にある。

刻々と変わる状況変化の中で、
自分なりの基準、
そこから何を選択していくのかが問われる。

毎日子どもと野菜を収穫しながら、
その判断を一緒に考えていく。

ただの収穫体験や〜狩りでは経験にしかならない。

日々の野菜の成長を見届け、収穫のタイミングを見極める。

これこそが感性を育てる大切な時間なのだと日々感じる。

コメント