朝を感じる生活は、日々の感性を養う大切な時間

リズムのある暮らし

毎日、日が昇り日が沈む。

私たちがそれを見ようが見まいが、繰り返される。

鳥や虫、植物など生き物が目を覚まし、活動を始める。

私たちも、それと変わらないサイクルだ。

朝の陽を浴びると清々しい。

自らが今日も健やかに生きていることへ、自然に感謝の念が生まれる。日が昇るのを見ようとするのは元旦だけかもしれない。

もし、あの時の感覚が毎日感じられれば、もっと人や地球への畏敬の念を感じるのではないかと思う。

日々の中で、もっと自然に感性が育つのではないかと感じる。

今日も私は朝5時に起きて、子どもと一緒に畑に向かう。

7時に上がって近くの駅を通ると、ホームにビッシリと人が電車を待っている。人間社会の朝の時間は忙しい。

でも、その時間に朝の陽を浴びて、地球の営みを感じることができれば、もっと人は優しくなれるのではないだろうか。

#朝日 #朝の時間 #日の出 #早朝

コメント